都市で生活するなら「こんな車」がちょうどいい。「シトロエン」の新EVが欧州で話題

2月末、フランスの老舗自動車メーカー「Citroën(シエトロン)」が発表した、2人乗りの超小型EV「Ami One Concept(以下、Ami)」が話題を集めている。

デザイン性や機能性、利便性の高さは言わずもがな。特筆すべきは、現代の都市生活に求められる“消費設計”にある。

Amiは購入以外に、カーシェアリングやレンタル、リースなど複数のオプションがあり、専用アプリから利用方法をカスタマイズできる。5分間の利用からOKなカーシェリングサービスもあれば、5ヵ月間の短期リース、5年間の長期リースまで。

購入する場合の車両価格は6900ユーロ。2年間の長期レンタルの場合、最初に3544ユーロを支払い、その後は月々19.99ユーロで使い放題の「サブスクリプション」も選択可能だ。

さらに驚くべきことに、“利用の自由”をコンセプトに掲げるAmiは、なんと運転免許が不要。16歳(フランスでは14歳)以上なら誰もが利用することができる(※欧州の免許制度は日本とは一部異なる)。

Amiは多様化する現代人のライフスタイルに寄り添った“自動車の新しいカタチ”といえそうだ。日本の公式サイトによると、現時点で日本国内での販売予定はないようだが、今後の上陸に期待したいところだ。

© Citroën/YouTube
Top image: © iStock.com/Tanya St
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
6月3日、「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)」が、街中などに設置されている電動自動車専用エリアに入る際に、エンジンを停止し、EVモード...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
0円で最大3泊4日までクルマのある生活を体験できるサービス「0円マイカー・トライアル」が3月26日からスタート。5月15日まで期間限定店舗「マイカー・トラ...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
世界中で人気があるツイートを検索していたら、こんなを見つけました。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。