都市で生活するなら「こんな車」がちょうどいい。「シトロエン」の新EVが欧州で話題

2月末、フランスの老舗自動車メーカー「Citroën(シエトロン)」が発表した、2人乗りの超小型EV「Ami One Concept(以下、Ami)」が話題を集めている。

デザイン性や機能性、利便性の高さは言わずもがな。特筆すべきは、現代の都市生活に求められる“消費設計”にある。

Amiは購入以外に、カーシェアリングやレンタル、リースなど複数のオプションがあり、専用アプリから利用方法をカスタマイズできる。5分間の利用からOKなカーシェリングサービスもあれば、5ヵ月間の短期リース、5年間の長期リースまで。

購入する場合の車両価格は6900ユーロ。2年間の長期レンタルの場合、最初に3544ユーロを支払い、その後は月々19.99ユーロで使い放題の「サブスクリプション」も選択可能だ。

さらに驚くべきことに、“利用の自由”をコンセプトに掲げるAmiは、なんと運転免許が不要。16歳(フランスでは14歳)以上なら誰もが利用することができる(※欧州の免許制度は日本とは一部異なる)。

Amiは多様化する現代人のライフスタイルに寄り添った“自動車の新しいカタチ”といえそうだ。日本の公式サイトによると、現時点で日本国内での販売予定はないようだが、今後の上陸に期待したいところだ。

© Citroën/YouTube
Top image: © iStock.com/Tanya St
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
ロサンゼルスを拠点に電気自動車を開発するスタートアップ企業「Canoo」が、2022年に発売する予定の多目的EVバンを発表した。直線が目立つ近未来的なデザ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。