「SONY」が創った「新しいクルマ」が日本を初走行

今年の初めに開催された電子機器の見本市「CES 2020」でも大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初めて本社ビルにてお披露目された。

© Sony/YouTube

自動車メーカーではないSONYが総力を挙げて製作した「VISION-S」は、4人乗りのセダンタイプ。クラウドと連携した高度な自動運転技術が搭載されているのが特徴だ。

また、運転席前面に大きなスクリーンが取り付けられており、車内では360度あらゆる方向から音楽を聴ける立体音響技術も使用された、エンターテインメント性の高い自動車に仕上がっている。

じつは「CES 2020」がおこわれた米国ラスベガスでの展示の後、オーストリアにある「マグナ・シュタイヤー」社の工場へと輸送されていたこの車。そこで、更なる改良が加えられて日本へと戻ってきたようだ。

同車はまだコンセプトカー的存在だというが、敷地内では実際に走行もおこなったとのこと。

移動手段としての自動車を新たな存在へと進化させようとしているようにも感じるSONYの挑戦。果たして、未来にはどのような自動車が走っているのか、今から楽しみである。

Top image: © iStock.com/Kilroy79
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
イスラエルのテルアビブ市が世界で初めて、公共交通機関を充電するためのワイヤレス電気道路を設置する試験的なプロジェクトを開始。
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」からラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」の...
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
ロサンゼルスを拠点に電気自動車を開発するスタートアップ企業「Canoo」が、2022年に発売する予定の多目的EVバンを発表した。直線が目立つ近未来的なデザ...
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、同社初となるハードウェアデバイス「Car Thing」をリリース!音楽再生環境が整っていない車内において、...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
「Ginza Sony Park」地下一階に、先月28日(土)から、現代版の“茶屋” 「GEN GEN AN幻」がオープン。
空飛ぶクルマの展示会「フライングカーテクノロジー」が開催決定。有人飛行を成功させた「SkyDrive」の機体の展示をはじめ、空飛ぶクルマの実現によって拓か...
「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」で、『ゴーストバスターズ』公開35周年記念のイベントが開催中!
今月3日(木)に、日本政府が2030年代半ばにはガソリン車の販売を事実上禁止する方向で最終調整に入ったと報じられた。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
6月3日、「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)」が、街中などに設置されている電動自動車専用エリアに入る際に、エンジンを停止し、EVモード...
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...