「BMW」が新たな“電気自動車”のコンセプトカーを発表!

「BMWグループ」が先日、ドイツ・ミュンヘンにある本社で、『BMW Concept i4』を発表。来年に発売が予定されている新型電気自動車『i4』をイメージさせるコンセプトカーということで、注目が集まっているようだ。

「BMW4シリーズクーペ」から派生して生まれる新たなこの電気自動車は、美しいフォルムを踏襲しながら、電気自動車としての魅力も兼ね備えた仕上がりとなっている。

©BMW

特徴は、縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」だろう。フェイス部分に搭載されているこの特徴的な網部分は、エンジンを冷やす為の通気口であったが、電気自動車であるこの車では閉ざされている。その代わりに各種センサーを搭載した「インテリジェンスパネル」として機能するのだ。

©BMW

コックピットは電気自動車らしく、大きなカーブディスプレイが設置されたシンプルなもの。ゴールドブロンズとオフホワイトを基調とした上品なインテリアには流石の一言である。

また同車の発表に合わせて1本の動画がYouTubeで公開中。自然とも調和する流線型のボディが際立つ美しい映像が大きな反響を呼んでいるこの作品。BMWの歴史とテクノロジーの融合が感じられるストーリーで、車好きでなくとも必見だ!

© BMWi/YouTube
Top image: © BMW
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事