子供の送迎や近所の買い物にピッタリ。超小型電気自動車「rimOnO」

「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人が意外とたくさんいると聞きます。

自転車の前後に子供を乗せて走っているお母さん。危ないとわかっていても自動車に乗り続けるおじいさんおばあさん。そんな人たちのライフスタイルに合った、小さくて優しい乗り物を街で見かける機会が増えるかもしれません。

笑顔がかわいい
超小型モビリティ

小型電気自動車「rimOnO」

見てください、このサイズ感。なんともかわいらしい電気自動車「rimOnO(リモノ)」です。まるでキャラクターのような愛らしい笑顔がチャームポイント。

名前は「のりもの」から「No」をなくすことに由来しています。経済産業省出身の伊藤慎介さんとツナグデザインの根津孝太さんによる「新しい乗り物」の提案です。

軽自動車と電動アシスト自転車の「合いの子」という表現がふさわしいかどうかはわかりませんが、いまの世の中で本当に必要とされているのは、この形なのかもしれません。

ボディはなんと布!
軽くて着せ替えも可能

小型電気自動車「rimOnO」

最大の特徴である丸っこいボディは、なんと布製!とはいえ、テントなどに使われる丈夫な素材を使い、耐水性もバッチリです。

触ると柔らかく、ぶつかっても安心。外装パーツは簡単に取り外せるようになっており、気分次第でいろいろな色に着せ替えだってできます。

大人なら2人
子供なら3人乗り

小型電気自動車「rimOnO」

大人なら運転席に1人、後部座席に1人の2人乗りですが、後部座席は子供なら2人乗ることができます。送り迎えや、ちょっとしたお買い物に最適です。

狭い道でもスイスイ移動できるので、道幅の狭い日本の道路事情や、都市部の駐車スペース問題などの解決策になるかもしれません。

また、運転は車のようなハンドルではなく、バイクに似たシンプルな形。誰でも直感的に操作できるように工夫されているとか。

「小さくてゆっくり」が
ちょうどいい

「rimOnO」の最高速度は、時速45km。ゆっくりに感じるかもしれませんが、できるだけ軽く、そしてあまりスピードが出ないように設計することで、たとえぶつかっても安全が守られるようになっているんだとか。

2017年の夏に向けて初代1人乗りモデル(100万円目標、最終的にな量産モデルでは40万円ほどを目標)を準備中。

資金調達や制度整備など、まだまだ実用化に向けた課題は多いようですが、もしかしたらこんな「小型でスロー」なクルマが、未来の街をつくっていくのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by rimOnO

関連する記事

米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
先月29日、京都発のデザインスタジオ「Fortmarei(フォートマーレイ)」がデザイン・クリエイティブディレクションを担当したコンセプトカー「...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、独「アーヘン工科大学」と共同で設計した“新しいノリモノ”は...
10月24日(木)〜11月4日(月・祝)、東京のお台場にある「東京ビッグサイト」にて「第46回 東京モーターショー 2019」が開催。各自動車メーカーが先...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
1970年に発売されたスズキ株式会社の初代「ジムニー」が、日本自動車殿堂「歴史遺産車」に選定された。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
応援購入サービス「Makuake」にて、先行販売を実施している「Langogo Mini」は、音声録音、文字起こし、編集・共有、翻訳を1台で行ってくれる、...