子供の送迎や近所の買い物にピッタリ。超小型電気自動車「rimOnO」

「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人が意外とたくさんいると聞きます。

自転車の前後に子供を乗せて走っているお母さん。危ないとわかっていても自動車に乗り続けるおじいさんおばあさん。そんな人たちのライフスタイルに合った、小さくて優しい乗り物を街で見かける機会が増えるかもしれません。

笑顔がかわいい
超小型モビリティ

Ff4f64eb42a9b1aaed8f1f750cecf7bf95b9b1f2

見てください、このサイズ感。なんともかわいらしい電気自動車「rimOnO(リモノ)」です。まるでキャラクターのような愛らしい笑顔がチャームポイント。

名前は「のりもの」から「No」をなくすことに由来しています。経済産業省出身の伊藤慎介さんとツナグデザインの根津孝太さんによる「新しい乗り物」の提案です。

軽自動車と電動アシスト自転車の「合いの子」という表現がふさわしいかどうかはわかりませんが、いまの世の中で本当に必要とされているのは、この形なのかもしれません。

ボディはなんと布!
軽くて着せ替えも可能

A32fe4f90b77bd717b08d8745c3df75b532a149f

最大の特徴である丸っこいボディは、なんと布製!とはいえ、テントなどに使われる丈夫な素材を使い、耐水性もバッチリです。

触ると柔らかく、ぶつかっても安心。外装パーツは簡単に取り外せるようになっており、気分次第でいろいろな色に着せ替えだってできます。

大人なら2人
子供なら3人乗り

005796f32bc32e43210dcca060c778d6f7d54546

大人なら運転席に1人、後部座席に1人の2人乗りですが、後部座席は子供なら2人乗ることができます。送り迎えや、ちょっとしたお買い物に最適です。

狭い道でもスイスイ移動できるので、道幅の狭い日本の道路事情や、都市部の駐車スペース問題などの解決策になるかもしれません。

また、運転は車のようなハンドルではなく、バイクに似たシンプルな形。誰でも直感的に操作できるように工夫されているとか。

「小さくてゆっくり」が
ちょうどいい

「rimOnO」の最高速度は、時速45km。ゆっくりに感じるかもしれませんが、できるだけ軽く、そしてあまりスピードが出ないように設計することで、たとえぶつかっても安全が守られるようになっているんだとか。

2017年の夏に向けて初代1人乗りモデル(100万円目標、最終的にな量産モデルでは40万円ほどを目標)を準備中。

資金調達や制度整備など、まだまだ実用化に向けた課題は多いようですが、もしかしたらこんな「小型でスロー」なクルマが、未来の街をつくっていくのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by rimOnO
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
水筒の蓋に唇が触れるとセンサーが働いて、自動で開閉してくれる水筒Lyd。不注意でこぼしてしまうことがないから安心です。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
昨夏に公開されたコンセプト動画で、多くの人の気持ちを高揚させた超小型電気自動車「WALKCAR(ウォーカー)」。あれから約1年。ついに商品化が実現し、予約...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
2014年2月14日。記録的な大雪に見舞われた関東地方では、いたるところで交通機関がマヒ。ここ群馬県のある国道も、ご覧のように最悪の道路状況となっていまし...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
男性がカバンから取り出したのは、1台のノートPC。これからベンチに座って仕事でもするのかな、なんて思っていたら…。地面に置いてそのまま乗っちゃいました!ナ...