イギリスに設置されるからこそ「大発明!」な充電スタンド

使わないときは地中に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら飛び出てくる仕組み。そして、ユーザーは車のバッテリーを充電できる。

日本では「すごい」という単純な感想で終わってしまう人が多いだろうけど、イギリスでは「電気自動車に買い換えようかな」と真剣に考え始めた人もいるそうだ。

そもそも日本とイギリスは
駐車をする場所が違う

6165987690807296
© iStock.com/monkeybusinessimages

少し考えてみれば、「UEone」に対する日本とイギリスの捉え方の違いはカンタンだ。

車を使っていない夜中などは、日本では家やマンションの駐車場にとめる文化がある。対して、路上駐車をしていてもあまり問題にならないのがイギリス。車庫証明がいるかいらないかでも説明はできる。

家の近くの道路に車をとめる機会が多いイギリスで、充電スタンドを住宅街に設置するのは難しい。電気自動車以外の駐車スペースを奪ってしまう可能性もあるからだ。

かといって、急速充電テクノロジーの発達は十分ではない。ほとんどの自治体は、効率的にスペースを利用できないのを理由に、充電スタンドの設置に踏みきれていなかった。

「都会に暮らしている人の85%が路上駐車をしているから、電気自動車のバッテリーを充電するのが難しかった」と、Urban ElectricのCEOであるOlivier Freeling-Wilkinsonさんは語る。

6536167298170880
© Urban Electric

だけど、「UEone」なら電気自動車を充電したいときだけ使える。ガソリン車の邪魔にもならない。さっそくオックスフォードは試験導入をしているようだ。

さらに、Oliverさんはこう続ける。

「とても便利で、環境に優しい。イギリスのたくさんの自治体が取り組んでいるゼロエミッションを助けるシステムになるだろう」

Top Photo by © iStock.com/omada
Licensed material used with permission by Urban Electric
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
最新のApple Watchを置くレトロな充電スタンド「Elago W3 Stand」が話題になっています。アメリカのAmazonでは2日間で5,000個...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...