イギリスに設置されるからこそ「大発明!」な充電スタンド

使わないときは地中に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら飛び出てくる仕組み。そして、ユーザーは車のバッテリーを充電できる。

日本では「すごい」という単純な感想で終わってしまう人が多いだろうけど、イギリスでは「電気自動車に買い換えようかな」と真剣に考え始めた人もいるそうだ。

そもそも日本とイギリスは
駐車をする場所が違う

© iStock.com/monkeybusinessimages

少し考えてみれば、「UEone」に対する日本とイギリスの捉え方の違いはカンタンだ。

車を使っていない夜中などは、日本では家やマンションの駐車場にとめる文化がある。対して、路上駐車をしていてもあまり問題にならないのがイギリス。車庫証明がいるかいらないかでも説明はできる。

家の近くの道路に車をとめる機会が多いイギリスで、充電スタンドを住宅街に設置するのは難しい。電気自動車以外の駐車スペースを奪ってしまう可能性もあるからだ。

かといって、急速充電テクノロジーの発達は十分ではない。ほとんどの自治体は、効率的にスペースを利用できないのを理由に、充電スタンドの設置に踏みきれていなかった。

「都会に暮らしている人の85%が路上駐車をしているから、電気自動車のバッテリーを充電するのが難しかった」と、Urban ElectricのCEOであるOlivier Freeling-Wilkinsonさんは語る。

© Urban Electric

だけど、「UEone」なら電気自動車を充電したいときだけ使える。ガソリン車の邪魔にもならない。さっそくオックスフォードは試験導入をしているようだ。

さらに、Oliverさんはこう続ける。

「とても便利で、環境に優しい。イギリスのたくさんの自治体が取り組んでいるゼロエミッションを助けるシステムになるだろう」

Top Photo by © iStock.com/omada
Licensed material used with permission by Urban Electric
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。