コンセプトは女たらし♡小型電気自動車「Microlino」に夢中!

台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで話題をさらったこの子。独特なカタチをしているだけではないんです!まずはその走りをごらんください。

丸くてかわいい
「Microlino」にドキ!

Ab0670371c6d782a234d99684b9da8ca714d9914

ね、たまらないでしょう?ドアの開き方もオリジナリティ抜群です。

フロントドアが

Fc81b4062c47172ddc34ae33b29749620af184f6

パカッ!とオープン

A80248c1a7c56a0d17d77ce33e4de710e230d78f

斬新!

E3827731be165e37c2b7111f68d3a80e03ca428e

二人乗りでスイスイ走ります。

縦列駐車もラクチン

F41313958b98b75a5b65427884a56565fe5f6a01E886e0ac60cf2bc653dc08311fc37833061925da

気になるあの娘も、きっとこれには黙っていられないはず!

この車は、1954〜1962年まで生産され、およそ9年間で217,000台を超える販売実績を持った人気カー「イセッタ」をリニューアルしたもの。キュートなだけでなく、最高速度は120km/hとやり手です。

「フェラーリより目立つ」や「女たらし」などがコンセプトにあり、ユーモアたっぷり。あまり目立ちませんが、後部座席にトランクが置けたりと、所々に散りばめられた愛らしい仕様が、心をくすぐってきます!

869c04e5927e4e7d3bd7a1678066a5c4c0567e2c

気になる価格は8,000〜12,000ユーロ(約100〜150万円)を予定。2017年末頃の販売開始を目指しており、第1弾の事前予約枠500台はすでにいっぱい。ただ、ウェイティングリストは受付中のようなので、こちらから詳細をチェックしてみては?

つい夢中になっちゃうこの存在感。乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Micro Mobility Systems AG
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
昨夏に公開されたコンセプト動画で、多くの人の気持ちを高揚させた超小型電気自動車「WALKCAR(ウォーカー)」。あれから約1年。ついに商品化が実現し、予約...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
2014年2月14日。記録的な大雪に見舞われた関東地方では、いたるところで交通機関がマヒ。ここ群馬県のある国道も、ご覧のように最悪の道路状況となっていまし...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
男性がカバンから取り出したのは、1台のノートPC。これからベンチに座って仕事でもするのかな、なんて思っていたら…。地面に置いてそのまま乗っちゃいました!ナ...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...