安くてエコな「三輪自動車」が主役に!?

今ではあまり見かけなくなった「三輪自動車」。電気モーターなど先進技術が搭載されるようになった現在のクルマ社会で、主役に返り咲く可能性がでてきました。

それは、米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」の登場によるもの。

2017年、クラウドファンディングを行い、その後に試作品をつくったことで、広く知られるようになりました。そして、現在は販売もされ、デリバリーは今春を予定。

クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値段。通常の電気自動車の価格は安くても300万円前後といったところでしょうか。ガソリン車と比べて需要が少なく、相対的に高くなるのはしょうがないこと。でも「Model SONDORS」の設定価格は、たったの1万ドル(約110万円)。

公式WEBサイトでも宣言していますが、同社は「業界のゲームチェンジャー」を虎視眈々と狙っているよう。

これからの時代に合わせ電気自動車を選ぶなら、「Model SONDORS」の価格は魅力的。日本の車道の風景も、昔懐かしい三輪車が多く走るようになるかもしれません。

© SONDORS Electric Car Company/YouTube
Reference: MAXIM, SONDORS
Top image: © creatOR76/Shutterstock.com
他の記事を見る
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
2014年2月14日。記録的な大雪に見舞われた関東地方では、いたるところで交通機関がマヒ。ここ群馬県のある国道も、ご覧のように最悪の道路状況となっていまし...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。