CESで「ソニー」が電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を初披露

「ソニー」は1月6日、ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES 2020」に合わせておこなったカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。

同車は、安全性を高める33種類のセンサーにナビゲーションの表示や映像コンテンツを視聴できる複数のワイドスクリーン、360度オーディオ、ネットワークへの常時接続設備など、最新のテクノロジーを多数搭載。新時代の到来をイメージさせるモデルだ。

そもそも「ソニーが自動車を?」と感じる人も多いかもしれないが、電気自動車はエンジン構造がシンプルなため、ガソリン車を開発してきた既存の自動車メーカー以外からの参入が多くなるシーンであり、自動運転技術の開発が進む昨今では、画像処理やAI導入などIT技術も必要になり、多くのデジタルカンパニーの力が求められることに。ソニーは、その役割を十分担える企業といえるのだ。

現在公開されているモデルやスペックは、あくまでもプロトタイプ段階のものであり、今後、さらに画期的なテクノロジーが搭載される可能性もある。ソニーには、一層の進化と将来的な市場参入を期待せずにはいられない。

©2020 Sony Corporation.
Top image: © 2020 Sony Corporation.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
6月20日、19歳のバーチャルモデル「Daisy Paige(デイジー・ペイジ)」が多くのセレブやインフルエンサーが所属するモデルエージェンシーと契約しました。
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
スマートベルトを開発する「WELT」から最新モデル「WELT PRO」が発表。さまざまな歩行パターンを分析して、転倒のリスクが高くなっている状態を知らせて...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...
スウェーデンの自動車会社「ボルボ」から高級電気自動車ブランドとして独立した「ポールスター」が“サステナブル”をテーマにしたコンセプトカーを発表した。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。