「ポールスター」の提案する“サステイナブル”をテーマにした電気自動車

スウェーデンの自動車会社「ボルボ」から高級電気自動車ブランドとして独立した「ポールスター」が、“サステナブル”をテーマにしたコンセプトカーを発表。

「プリセプト」と名付けられた今作は、スポーティな外見の4ドアの電動クーペ。従来のデザイン語法を一新したボディデザインに加えて、最新のインターフェイスが完備されているという。

そして何より特徴的なのは、内装のほとんどにリサイクル素材を使用しているというところだろう。

©Polestar

シートにはペットボトルコルク栓、カーペットには漁網など、あらゆる場所にリサイクル素材が使われ、一般的な自動車のインテリアと比較して80%の廃プラスチック削減を達成しているらしい。

環境に最大限に配慮したうえで、電気自動車の真の在り方を示したこのコンセプトモデル。「同社の近い将来を示す宣言」だとCEOのトーマス・インゲンラート氏が語っているように、さまざまなこだわりに“強い意思”を感じることができる一台だ。

それにしても、カッコいいこのフォルム。販売の予定はないようだが、可能ならば走っている姿も見てみたい……。

©Polestar
©Polestar
Top image: © Polestar
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...