みんなお待ちかね!かわいい「ワーゲンバス」が「EV」になってカムバック

「フォルクスワーゲン」のクラシックモデルとして知られ「ビートル」と並び不動の人気を誇る「ワーゲンバス」。洗練された愛らしい見た目を持つこの車は、発売してから何度もブームが訪れ、さまざまな映画やマンガ、アニメに小説と、じつに多くの文化作品にも登場する名作だ。

そんなワーゲンバスの1966年型が、なんとEVになってカムバック!

EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作されたという「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」。先日発表された「ビートル」の電動モデルと同様に、こちらも当時のルックスそのままに完全復刻されているようだ。

©Volkswagen

形は変わらず、エンジンが電気モーターに置き換えられている今作。もともと105km/hほどであった最高速度は130km/hにパワーアップした。内蔵するリチウムイオンバッテリーは45kWhほどで、一回の充電で約200kmの走行が可能だとか。

また、充電ソケットは目立たないようナンバープレートの裏に隠される心にくい配慮まで......!

©Volkswagen

さらに、車内にはBluetoothUSBの接続環境も配備され、スピーカー類も巧みに隠されているのだとか。伝統を守りつつも、エコで快適な乗車体験を提供する車へと見事にアップグレードされている。

このEVコンバージョンにおける費用は、公式発表によると6万4900ユーロ(約770万円)から。ベースになるワーゲンバスも別途用意する必要があるため、それも含めたらかなりの値段になりそうだ。

ただ、それでもマニアにとってはとても魅力的なこのモデル。フードトラックに改造して、完全にオフグリッドなお店を経営するのもありかもしれない。

Top image: © Volkswagen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事