みんなお待ちかね!かわいい「ワーゲンバス」が「EV」になってカムバック

「フォルクスワーゲン」のクラシックモデルとして知られ「ビートル」と並び不動の人気を誇る「ワーゲンバス」。洗練された愛らしい見た目を持つこの車は、発売してから何度もブームが訪れ、さまざまな映画やマンガ、アニメに小説と、じつに多くの文化作品にも登場する名作だ。

そんなワーゲンバスの1966年型が、なんとEVになってカムバック!

EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作されたという「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」。先日発表された「ビートル」の電動モデルと同様に、こちらも当時のルックスそのままに完全復刻されているようだ。

©Volkswagen

形は変わらず、エンジンが電気モーターに置き換えられている今作。もともと105km/hほどであった最高速度は130km/hにパワーアップした。内蔵するリチウムイオンバッテリーは45kWhほどで、一回の充電で約200kmの走行が可能だとか。

また、充電ソケットは目立たないようナンバープレートの裏に隠される心にくい配慮まで......!

©Volkswagen

さらに、車内にはBluetoothUSBの接続環境も配備され、スピーカー類も巧みに隠されているのだとか。伝統を守りつつも、エコで快適な乗車体験を提供する車へと見事にアップグレードされている。

このEVコンバージョンにおける費用は、公式発表によると6万4900ユーロ(約770万円)から。ベースになるワーゲンバスも別途用意する必要があるため、それも含めたらかなりの値段になりそうだ。

ただ、それでもマニアにとってはとても魅力的なこのモデル。フードトラックに改造して、完全にオフグリッドなお店を経営するのもありかもしれない。

Top image: © Volkswagen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
ロサンゼルスを拠点に電気自動車を開発するスタートアップ企業「Canoo」が、2022年に発売する予定の多目的EVバンを発表した。直線が目立つ近未来的なデザ...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...