みんなお待ちかね!かわいい「ワーゲンバス」が「EV」になってカムバック

「フォルクスワーゲン」のクラシックモデルとして知られ「ビートル」と並び不動の人気を誇る「ワーゲンバス」。洗練された愛らしい見た目を持つこの車は、発売してから何度もブームが訪れ、さまざまな映画やマンガ、アニメに小説と、じつに多くの文化作品にも登場する名作だ。

そんなワーゲンバスの1966年型が、なんとEVになってカムバック!

EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作されたという「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」。先日発表された「ビートル」の電動モデルと同様に、こちらも当時のルックスそのままに完全復刻されているようだ。

©Volkswagen

形は変わらず、エンジンが電気モーターに置き換えられている今作。もともと105km/hほどであった最高速度は130km/hにパワーアップした。内蔵するリチウムイオンバッテリーは45kWhほどで、一回の充電で約200kmの走行が可能だとか。

また、充電ソケットは目立たないようナンバープレートの裏に隠される心にくい配慮まで......!

©Volkswagen

さらに、車内にはBluetoothUSBの接続環境も配備され、スピーカー類も巧みに隠されているのだとか。伝統を守りつつも、エコで快適な乗車体験を提供する車へと見事にアップグレードされている。

このEVコンバージョンにおける費用は、公式発表によると6万4900ユーロ(約770万円)から。ベースになるワーゲンバスも別途用意する必要があるため、それも含めたらかなりの値段になりそうだ。

ただ、それでもマニアにとってはとても魅力的なこのモデル。フードトラックに改造して、完全にオフグリッドなお店を経営するのもありかもしれない。

Top image: © Volkswagen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
イスラエルのテルアビブ市が世界で初めて、公共交通機関を充電するためのワイヤレス電気道路を設置する試験的なプロジェクトを開始。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
今年の初めに米ラスベガスで開催された電子機器の見本市「CES 2020」でも大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」からラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」の...
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
「メルセデス・ベンツ」の電動自動車に特化したサブブランド「EQ」から、電動キックボードの「eスクーター」が発表された。スイスの「マイクロ・モビリティー・シ...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...