EVの充電が5分で完了!「StoreDot」が開発した「画期的なバッテリー」

イスラエルのリチウムイオン電池の会社「StoreDot」が、5分でEV(電気自動車)をフル充電できるバッテリーの開発に成功した。

同製品は「StoreDot」が開発し、中国の会社「Eve Energy」がリチウムイオン電池の標準生産ラインに沿って製造。

これまで5分で充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだけでなく市販可能レベルまでに。

「今、EVを購入するもっとも大きな障壁となっているのは、もはやコストではなく、走行距離への不安感だ」とStoreDot社CEOのDoron Myersdorf氏は語る。

「我々は高速道路で渋滞にはまりバッテリーが切れてしまうことや、充電ステーションで充電完了するまで何時間も待たされることを懸念している。もしこの体験をガソリン車と同じものにできれば、その不安はなくなる」というのだ。

「StoreDot」のみでなく、EVで有名な「Tesla」を含め、世界中の多くの会社が高速充電の電池を開発している最中だとか。

EVがガソリン車を完全に淘汰する日も、そう遠くない未来といえるだろう。

Top image: © StoreDot 2021
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
ロサンゼルスを拠点に電気自動車を開発するスタートアップ企業「Canoo」が、2022年に発売する予定の多目的EVバンを発表した。直線が目立つ近未来的なデザ...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...