ついに開発に成功!「フォルクスワーゲン」のEV充電ロボット

昨年12月27日、「フォルクスワーゲン」が「vision becomes reality(ビジョンが現実になりました)」という言葉を添えて、ある動画を公開した。約1年前の2019年12月26日に発表していた“EVを充電してくれる自律走行ロボット”に関する内容だ。

このロボットはカメラやレーザーセンサー、超音波センサーなどを備えており、充電ステーションで障害物や歩行者をよけながら、EVを充電できるバッテリーが内蔵されたユニットをけん引し、充電コネクタを接続できる。100%になったら自動でユニットを回収し、再度それを充電する仕組み。EVを充電する際にドライバーが何もしなくてよくなるのが最大の特徴だ。

2021年の初期には本格的なサービス展開をする予定とのこと。こうしたインフラが整っていけば、ガソリン車ではなくEVを購入したいと考える人が増えるだろう。

Top image: © Volkswagen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
3月25日に、生物・物理・地球科学の研究を学際的に掲載する『iSicence』にてブラジルの「リオグランデドノルテ連邦大学」に所属する脳科学者たちが「タコ...
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
これは模様ではない。傷だ。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
パクチー普及のために2007年からパクチーの種を配布しているパクチー銀行が、今年も​「パクチー育てる」89日間 国民運動を開催。5月13日〜8月9日まで。...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
応援購入サービス「Makuake」にて、先行販売を実施している「Langogo Mini」は、音声録音、文字起こし、編集・共有、翻訳を1台で行ってくれる、...