「ヒュンダイ」史上最小のEVをリリース

韓国の自動車メーカー「Hyundai(ヒュンダイ)」が、10月27日に「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。

子ども向けに作られたミニEVだが、これまでのミニカーを超える、最高時速7km/hのスピードを誇る2つのDC(直流)モーター搭載で、なんと自動運転機能も装備。

さらに、顔の表情を認識して環境を調整する感情適応車両制御(EAVC)技術も採用しており、車の中央にモータースポーツからインスパイアされた座席を配置することで、ドライバーである子どもたちのワクワク感を高める仕掛けを設けた。

外観は、フランクフルトで開催された2019年の国際モーターショーで発表した45コンセプトに基づき「キネティックキューブランプ」をモチーフにしており、角張ったフォルムながら滑らかな作り。素材には、同じく45コンセプトのテーマに沿って、伝統的なエコ素材である木材を使用している。

45コンセプトをギュッと凝縮したような最新鋭のミニEVが、子どもたちの手元に届く日が待ち遠しい。

© Hyundai Motor Group/YouTube
Top image: © Hyundai Motor Company
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」からラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」の...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
現代のライフスタイルに寄り添った仏「Citroën(シトロエン)」の超小型EV「Ami One Concept」が話題。購入はもちろん、カーシェアリングや...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
今年の初めに米ラスベガスで開催された電子機器の見本市「CES 2020」でも大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初...
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
自動車同士の衝突から運転手を守る設備を着実に進化させたなかで、対歩行者、対自転車では深刻な被害を与えてきた自動車業界。その対策として「ボルボ」があるユニー...
月刊誌『田舎暮らしの本』2月号(宝島社)で、「2021年版第9回 住みたい田舎ベストランキング」が発表。「大きな市」では愛媛県西条市、「小さな市」では大分...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時に自動車の運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定。
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
ロサンゼルスを拠点に電気自動車を開発するスタートアップ企業「Canoo」が、2022年に発売する予定の多目的EVバンを発表した。直線が目立つ近未来的なデザ...