公道を走れる「大人のミニカー」は新しい道交法にも対応!

昨年から販売され話題になった「next cruiser EV(ネクストクルーザーEV)」は、電気エネルギー100%で走行する電動自動車。と、同時に、屋内での使用も安心(!?)な、大人が“本気”で遊びたくなるミニカーだ。

ハンドル、アクセル、ブレーキの3つのみで運転が苦手な人にも簡単な操作性。EVのミニカーとはいえ、最大出力4.4kwの高出力モーターを搭載し、力強い走りを実現。それでいて静粛性にも優れており、早朝や夜間も気兼ねなく乗ることができる。

近年、街中で見かけた“マリオカート(通称:マリカー)”などは、2020年4月からの道路交通法改正で公道を走れないことが多くなったが、同車はしっかり対応しており、街乗りでも手軽に使用できる。

車検、車庫証明、重量税、取得税は一切不要のミニカー登録。

自宅のコンセントで充電できるエコなところも含めて、新しい時代の「遊びのクルマ」。全5色あり価格は50万円ほどだが、ミニマルなライフスタイルにあえてクルマを用意するとしたら、この一択……かも。

©ブレイズ
©ブレイズ
©ブレイズ

『next cruiser EV』
【商品公式WEBサイト】https://www.nextcruiser.jp/
【車体価格】
48万8000円(税別)~ ※諸費用は別途必要
<主な注意事項>
・公道で走行する場合は普通自動車免許が必要です。
・ヘルメットの装着義務はございませんが、安全のため装着してください。PSCまたは、JIS、SGマークのあるヘルメットを着用してください。
・走行前に必ず運転乗車前点検を実施してから走行してください。
・雨天時は走行を避けて下さい。

Top image: © ブレイズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...