圧巻のスピード&パワーを備えた「Kintone X」は公道も走れるスグレモノ!

電動モビリティの開発をおこなうスタートアップ「KINTONE」は、電動自転車の新商品「Kintone X」を発表。今月17日よりクラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて先行販売を開始した。

「Kintone X」における最大の注目ポイントは、公道を走行できるということ。

右側ハンドルを手前にひねれば、ペダルを漕がずに完全自動で走行。「原動機付き自転車」登録をおこなうことで、公道での走行が可能になる。

また、完全自動走行の「フル電動モード」のほかに、ペダルの動きに合わせて電動モーターが走行をアシストする「アシストモード」、アシストなしで通常の自転車と同じ走行をする「マニュアルモード」を搭載。シーンやシチュエーション、目的に応じて使い分けが可能なのは大きな魅力だ。

バッテリーやモーターが隠されたスタイリッシュなビジュアル&優れたスペックを備えた、便利すぎるこの一台。日常の足にぴったり!

©KINTONE
©KINTONE

『Kintone X』
【総重量】33.1kg
【走行速度】9km/h・18km/h・33km/h (3段階)
【電動時走行可能距離】70〜80km(体重65kgの場合)
【バッテリーフル充電時間】5時間
【サイズ】長さ171cm×幅 60cm×高さ115cm(ハンドルまでの高さ)
【クラウドファンディングサイト】https://camp-fire.jp/projects/view/212090

※法律や条例などで定められた交通ルールを守ってご利用ください。

Top image: © TOKYO CITY F.C.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事