圧巻のスピード&パワーを備えた「Kintone X」は公道も走れるスグレモノ!

電動モビリティの開発をおこなうスタートアップ「KINTONE」は、電動自転車の新商品「Kintone X」を発表。今月17日よりクラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて先行販売を開始した。

「Kintone X」における最大の注目ポイントは、公道を走行できるということ。

右側ハンドルを手前にひねれば、ペダルを漕がずに完全自動で走行。「原動機付き自転車」登録をおこなうことで、公道での走行が可能になる。

また、完全自動走行の「フル電動モード」のほかに、ペダルの動きに合わせて電動モーターが走行をアシストする「アシストモード」、アシストなしで通常の自転車と同じ走行をする「マニュアルモード」を搭載。シーンやシチュエーション、目的に応じて使い分けが可能なのは大きな魅力だ。

バッテリーやモーターが隠されたスタイリッシュなビジュアル&優れたスペックを備えた、便利すぎるこの一台。日常の足にぴったり!

©KINTONE
©KINTONE

『Kintone X』
【総重量】33.1kg
【走行速度】9km/h・18km/h・33km/h (3段階)
【電動時走行可能距離】70〜80km(体重65kgの場合)
【バッテリーフル充電時間】5時間
【サイズ】長さ171cm×幅 60cm×高さ115cm(ハンドルまでの高さ)
【クラウドファンディングサイト】https://camp-fire.jp/projects/view/212090

※法律や条例などで定められた交通ルールを守ってご利用ください。

Top image: © TOKYO CITY F.C.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFI...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
約20年に渡り、世界中のたくさんの人にスリリングな体験を届けている『ワイルド・スピード』シリーズ。12月26日に、Netflixオリジナルとしてそのスピン...