「Jeep」が電動マウンテンバイクを発売!価格は64万円!

2月3日(日本時間)におこなわれた「第54回スーパーボウル」の試合中に放映されたテレビCMで、「Jeep」がブランド初となる電動自転車をお披露目。これまではルックスとスペックだけしか発表されていなかったが、3月1日にプレオーダーを受け付け始めたことにより、値段が明らかに。

そのお値段は......5899ドル(約64万円)

同ブランドのWEBサイトによれば、「世の中でもっともオフロード性能が高いマウンテンバイク」であり、一度の充電により最大40マイル(約64km)を走れるという。4.8インチ(約12.2cm)の太いタイヤを採用しているので、どんな険しい地形でもグイグイと進んでくれるはず。

このハイスペックなら、64万円という価格設定にも納得......か?

©QuietKat
Top image: © QuietKat
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スペイン、モロッコ、中国にデンマーク、ニッポン国内は津々浦々……小6で自転車旅に目覚め、24歳にして地球半周分はロードバイクで走破しているライターの松本です。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
これは、Jeepが2016年の「イースター・ジープ・サファリ」で発表したコンセプトモデルのひとつ。1956〜1965年まで生産されていた「Jeep FC1...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
4月4日、2016年に世界的に大ブレイクしたピコ太郎がYouTube公式チャンネルにアップしたのは代表曲をアレンジした、手洗い促進と平和を祈る“手洗いソン...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
今週4月10日~12日の3日間、VR空間上で同人誌即売会「ComicVket 0」が開催される。VR機器、スマホ、PCから誰でも参加可能。バーチャル空間の...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
スマホに直接接続して使える電動シェーバー「Plug Shave」。