いま、電動マウンテンバイクがおもしろい!「Survey of Japan」体験記

スペイン、モロッコ、中国にデンマーク、ニッポン国内は津々浦々……小6で自転車旅に目覚め、24歳にして地球半周分はロードバイクで走破しているライターの松本です。

そんな僕が次に目をつけたのは「マウンテンバイク(MTB)×オフロード」。

理由は単純。知り合いにオススメされたから。「オフロードのアドベンチャー感が楽しいんだよ〜」とか「走ってるうちにさ、雑念とかぶっ飛んじゃうんだよね」とか「MTBで山を走る気持ちよさを一度でも体験すると中毒になるぞ」なんて話を聞くうちに、「ジブンも中毒になりたいッス」となったわけです。

というわけで、いざ初陣!

ニッポン再発見をコンセプトに掲げているツーリングツアー「Survey of Japan」にご縁があって参加することができました。このツアー、2017年から定期開催されており、ジワジワと人気を拡大中。しかも、使用するMTBが電動なんです。電動ならキツい坂道でも一漕ぎでスイスイと上っていけるはず。僕のようなビギナーにぴったりってわけです。

これが電動MTBです

©2019 NEW STANDARD

電動自転車といえば、多くの人が思い浮かべるのがママチャリ的なやつだと思います。だけど、近年はYAMAHAやPanasonicといった国内の大手メーカーがMTBタイプの電動自転車を発売しています。

さて、今回のツアーで僕がお借りしたのが上の写真の自転車。台湾のMERIDAが製造を手がけ、日本ではミヤタサイクルから発売されている「リッジランナー」という人気モデルです。

うん、ダウンチューブにバッテリーがついている以外はマウンテンバイクですね(当たり前か)。もっとガチャガチャしているのかと思ってました。見た目以上に車体が軽めです。アシストは脚力に応じて細かく設定可能で、90km〜140kmのロングライドをサポートしてくれるとか。

50kmを走ってみた!

そんな電動MTBで走ってきました!

道なき道(オフロード)を約50km。

こんな感じの野山です。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

もちろん、長いコースは起伏に富んでいて、国道や田んぼ道、山道なんかもあるんですが、走ってみるとやっぱり道が踏みならされていないオフロード、それも下りを走り抜ける時がサイコーに気持ちよかったですね。

茂みで先が見えない……そんな状況でハンドルをギュッと握って、思い切って漕ぎ出す瞬間、ちょっと緊張しながらワクワクします。それが楽しい!

時々、ぬかるみとか倒木が出てくると「いいね!ドンッと来い!」とか思っちゃう。そういう障害を越えていくのがちょっとエクストリーム。まあ、1度だけ滑ってすっ転びましたが……。

反対にキツイのが上り。斜面が急なだけでなく、ゴツゴツした地面だと、結構体力を消耗するんですよね。そんな時には電動自転車の設定をハイモードに。これがめちゃくちゃ助かる。ハードすぎると、オフロードの楽しさもへったくれもないですからね。

ツアーの主催者兼案内役である木下智裕さん(世界で活躍するプロロードレーサーです)によると「そうなんです。オフロードをMTBを走る楽しみをまずは知ってもらいたい。だから電動MTBを採用してるんですよ。日常で自転車に乗らないオフィスワーカーの人でも、これなら無理なく参加できて、手軽に自然を走る楽しみを味わえます」とのこと。

たしかに東京からギリギリ日帰りできる東北っていうのも参加しやすい(朝早いので現地で前泊するプランも用意されてます。僕もそうしました笑)。

ちなみに、オフロードではどこをどう走るかっていうコース設計が重要らしいんですが、木下さんは「衛星写真で山奥の走れそうなところをチェックして、実際に自分で行って走ってみてコースを決めてます」とのこと。すごいです、オフロードの世界。

ツアーにはこんな楽しみも!

さて、この「Survey of Japan」は、玄人な方々も参加していますが、半分ぐらいが僕のような初心者。そもそも前述の通り、誘い文句は「とにかく楽しいです。最高に気持ちイイですから!」。

ゆえに電動MTB以外にもエンタメが用意されてて、走る前にお寺で座禅を組んで精神統一したり、中間地点でのランチは仙台市内のミシュラン一つ星シェフによる絶品オーガニックランチが食べられます。

とくにこのランチは、めちゃくちゃ美味しい&カラダにうれしいです。

疲れたところで、玄米をもぐもぐ、野菜から出汁をとったポタージュをゴクゴク。まさか峠でこんな豪華なものをいただけるなんて!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

電動MTBに、オフロードツーリングに興味があるなら、初心者もオフロードの練習が目的の超上級者(そういう方も参加していました!)も「Survey of Japan」を要チェックです。

例えば、こんな人にオススメのツアーですね。

・アウトドアでカラダで動かすことに興味アリ。
・はっきり言ってミーハー。新しいサムシングには目がない。
・自転車に乗れる。

もちろん、僕は全部当てはまってます。だから、このツアーを機にどっぷり電動MTBにハマってしまいました(笑)。

Survey of Japan
次回は2020年4月末に開催予定。来年春から定期開催されるので、新着情報などの詳細は主催「KinoFit(キノフィット)」の公式ホームページにてチェック。

関連する記事

「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
3月1日から「Jeep」がブランド初となる電動マウンテンバイクのプレオーダー受付を開始!
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...