どんな自転車も60秒で電動になる「車輪」

昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。

ここで紹介する「UrbanX Electric E-Bike Wheel」は、車輪のみの商品。自転車の前輪を付け替えるだけで、簡単に電動自転車にカスタマイズできるんです。しかも、取り付け時間は…たったの60秒!?

わずか1分で
あなたの愛車が電動に

60秒で電動になる「車輪」

バッテリー、モーター、そして高性能なブレーキが搭載された「UrbanX」。スマートな自転車の外見を損ねることなく、電動自転車にアップグレードできます。

たったの1分の換装で、20mph(時速32km)の速さで走るパワーを手にできるのだとか。

60秒で電動になる「車輪」

バッテリーの持続距離は約30マイル(約48km)。さらに、持ち運びに困らない小柄な予備電源にワンタッチで付け替えることもできるので、バッテリー切れの心配はなさそうです。

世界中の
99%の自転車に対応

60秒で電動になる「車輪」

車輪は全部で6サイズ。24インチ、26インチ、 27.5インチ、 29インチ、650c、700cが用意されていて、世界中のほとんどの自転車に対応できるそうです。

また、ブレーキもリムブレーキとディスクブレーキを選択可能。モーターのパワーに関しては、アメリカの法律に対応している350wと、ヨーロッパなどに対応している240wの2種類が用意されています。

まるでバイクのような
フルエレクトリックモード

スロットルをひねるだけで進んでくれるフルエレクトリックモードと、3つのレベルで漕ぐのを助けてくれるペダルアシストモード、電気を使わない普通の自転車モードの3つのモードがあります。

60秒で電動になる「車輪」

同様の商品はこれまでにもありましたが、マウンテンバイクやロードバイク、ママチャリなど様々な自転車に対応しているこの車輪。

どんな自転車につけてどんな楽しみ方をするかは、あなた次第。

Licensed material used with permission by UrbanX Electric Wheel
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
「バーガーキング」が期間限定の新バーガーのビジュアルを公開するも中身はなんと「非公開」。広告の中身の部分には大きなモザイクがかかっており、「ぜひ、ご自身で...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFI...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...
効果的に痩せることができるという「バーピージャンプ」。筋トレと有酸素運動の両方の効果があるのがその秘密だそう。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...