わずか60秒でマイチャリを電動アシスト化させる「最強ホイール」。これはヤバそう!

どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革命が走る!?

工具不要、装着1分!
前輪を着け替えるだけ

E8a6c2fb9b92cc29108a9a568e664c7c50dd6707

そもそも、自転車自体をイノベーションしたのかといえばさにあらず。ボストンのGeoOrbital社が開発したこのホイールは、愛用の自転車の前輪を外して付け替えることで、“電動アシスト化”させるコンバージョンキット。厳密には、26インチと700Cのタイプ2種類に適合します。

Df9cc80890bf1deb100634fd64953d93051be10a

いささかゴツめの前輪にはなるけれど、バッテリー、モーター、そしてタイヤが一体となり、他は一切自転車のビジュアルに影響を与えることはありません。装着にかかる時間も同社によると、わずか60秒!工具も必要ないんだそう。

たとえば、どうしても子どもを乗せたママ仕様の電動チャリに、これまで手を出せずにいたサイクリストたちも、前輪を交換するだけとあればどうでしょう?何よりそのパフォーマンスがスゴいんです!

タイヤの内側に車輪が3つ
モーター動力でタイヤが回転

A58c479cd0b412eb66818c9b505d8fe9a96aa498

この「GeoOrbital」の仕組みがこちら。モーター動力によって、前輪の内側にある大小3つの車輪がタイヤを回転させるというもの。つまり、ペダルを漕いで動力を伝える後輪とは別に、前輪のみでアシストするGeoOrbitalを取り付ければ、まるで4WD車のように両輪駆動に。「雪道だって問題なし」と開発者が豪語するだけのパワーを秘めているようですが、さすがに雪の上では自転車も走りにくい(笑)。

500wのパワフルモーター
6秒で最高時速32キロまで加速

36ef37eef995ed76baa7f0d9e96becd022fbcb63

GeoOrbitalに搭載されたモーターのワット数は500W。このパワフルな動力により、初速からわずか6秒で時速32キロのトップスピードに到達。しかも、スピードに乗れば、ペダルを漕がなくてもぐんぐんと、勝手に進んでしまうというんだから。坂道だってスーイスイな訳です。

334756962dd85a6e488c6a570ec4c30186f9ee41

さらに、1回の充電で48キロから80キロの走行が可能。この振り幅を制御するのがハンドル部に設置するコントローラー。こちらもワンタッチで装着できるもの。

空気が抜ける心配なし。
パンクレスタイヤを使用

C36a3ebdc00de5d9e938c79ada877ca3ba973533

そして、タイヤにはパンクレスタイヤを履かせるこだわりよう。上の写真はそのデモンストレーションで、実際にタイヤに釘を打ってみせる場面。当然、空気が抜けるという心配も不要です。

じつは、ここにGeoOrbital誕生の秘訣アリ。チャールズ川を隔ててボストンの対岸に位置するケンブリッジでは、都市部の交通渋滞緩和や駐車場不足を補う策として、通勤の足に自転車を呼びかけているそうです。GeoOrbital社はそこに目をつけ、快適かつ誰でも簡単に取り付けができ、さらに忙しい朝夕の時間に決してパンクしないタイヤを、このホイールで実現。自動車の代用となるエシカルな研究開発が背景にあったというのもイマドキでいい話ですよね。

Dcd90c7ab6b07c0d402411e7f6788f2be5df16b1

2016年5月現在、Kickstarterにて出資を募っているものの、すでに目標額を825%と遥かに上回る資金調達に成功。このことからも注目の高さが伺えます。先行予約では699ドル(約7万6,000円)で購入が可能。

なんですが……時速32キロ出てしまうとなると、日本では電動アシスト自転車としては認められないため、公道を走ることはできないですよね。でも、ちょとこれは気になる話題でしょ!

Licensed material used with permission by Geo Orbital
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
いろんなストーリーが浮かんできます。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...