あつ〜い夏でも汗をかくことなく、自転車に乗れる「未来の道路」

電動アシスト自転車や電動スケボーなどが開発され、僕たちの移動手段はどんどん便利になっています。

だけど、これに伴ったインフラの改善は、正直、あまり進んでいません。BMWが発表した構想を知ると、どんな風に都市が変わっていくのかが見えてきます。

悪天候でも使える
eバイク専用の高速道路

上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、eバイク専用のハイウェイを建設するというもの。背景には、メガシティが直面している交通渋滞や大気汚染の問題を解決しよう、という想いがあるのだとか。

使い方は、高速道路とほとんど同じ。乗りたいところから乗って、降りたいところで降りられるそう。また、屋根がつけられる予定なので、雨や風の影響を受ける心配もなくなるようです。浄化した雨水を利用するクーラーシステムも導入される予定とのこと。

電動自転車で漕ぐのはラクだし、エアコンがあるとなれば、暑い夏でも汗をかくことがなくなるかもしれません。

各出入り口では、電動自転車をレンタルするサービスも受けられるそうです。

今まで、「歩きではちょっと遠いな」というシーンで自転車を使っていましたが、この考え方も変わりそうです。先進的なインフラを知ると、1時間くらいの距離なら、eバイクに乗った方がイイのかもしれません。

移動手段だけでなく道路さえも便利になる「未来の都市」。いつ、現実になるかまでは明らかになっていませんが、急速に発展するテクノロジーをもってすれば不可能ではないでしょう。

Licensed material used with permission by BMW
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
ドイツのタイヤメーカー「Continental」が開発した「GRIP LINE」は、ゴムの微粒子が混ぜられた塗料。自転車レーンの塗装材料として使うと、スリ...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。