空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」

建設されればされるほど、生み出される電気は増え、環境に優しい街が形成されていく。

建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第一歩となる「自転車専用ハイウェイ」だった。

排気ガスを減らし
電力を作り出す

6036391246954496

Richardさんが自転車に注目したのは、排気ガスを出さないからだった。自転車のインフラを発展させて多くの人に車やバイクから乗り換えてもらう、というのが彼の狙いだ。

この高速道路は天候に左右されない設計になっているし、暑すぎたり寒すぎたりする日にも耐えられるように空調設備がととのっている。

自転車を持っていない人のために、電動バイクを借りられるシステムも導入予定とのこと。なによりも、利用する人は交通渋滞に巻き込まれる心配がなくなる。

ソーラーパネルと風力タービンが屋根の上に取り付けられているため、ハイウェイで使用する電力はすべて自家発電でまかなえる。もしも余ったら、それを街灯などに利用してもらうために、街に電気を供給する仕組みも考えているようだ。

Licensed material used with permission by Richard Moreta

<スマートシティを実現するためのプロジェクト>

中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...