近未来的なルックスと高い機能性が話題の「スマートマスク」

ゲーミング機器メーカー「Razer」「世界でもっともスマートで、もっとも社会に優しいフェイスマスク」というテーマを掲げて「Project Hazel」をローンチ。

そのデザインがなんとも近未来的だ。

Razerは、コロナ渦において自社の工場を認定医療用マスクの生産工場に転換したり、医療現場に100万枚の手術用マスクを寄贈するなど、積極的に活動。こういった活動の延長として、使い捨てマスクの環境負荷衛生面の強化を考慮したスマートマスクを開発した。

選べる照明で見せ方をカスタマイズできるデザイン性の高さもさることながら、機能がかなり盛りだくさん。

特筆すべきは、特許出願中の「Razer VoiceAmp」技術。

マスク着用時は声がこもりがちだが、内蔵マイクアンプを使用することでユーザーの発話を強化。また、充電式の呼吸装置を搭載し、その充電器にはUVライトによる自動滅菌機能がついているのだとか。

まだまだ紹介しきれない機能の詳細が気になる方はこちらから。

Razer ゲーム Hazel スマート マスク
©2021 Razer Inc.
Top image: © 2021 Razer Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
「オークリー」が、アイウェア着用時も顔にぴったりフィットするマスク「MSK3」を発売。空気が上側から出るのを防いで、アイウェアのレンズが曇ることを防ぐ。
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
最新ハイテクスマートマスク「AirPOP Active Plus」が今春日本で発売される。マスク搭載のセンサーがアプリと連動し、呼吸や空気中の状態を分析する。
世界水準の安全証明繊維、和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。繰り返し使え、最後は土に還すこと...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。