「アレルゲン対策」に強い米国発の「高機能マスク」とは?

サンフランシスコ発のマスクブランド「vogmask」のプロダクトの販売が、日本でも開始されることになった。

この「vogmask」は、世界40ヵ国以上で高機能マスクを展開するアメリカのブランド。このたび「株式会社アールオーエヌ」が、日本総代理店の権利を取得したことで、日本国内でも取り扱いが始まったというわけだ。

最大の特長は、四層フィルターによる「空気清浄機能」。これは、カーボンフィルターやマイクロフィルターの技術を活用することにより、0.3μ(ミクロン)の粒子までをブロックしてくれる優れたシステム。

呼吸器系や循環器系への影響が心配されている「PM2.5」が2.5μであることを考えると、健康被害の恐れのある微粒子をも防ぐことが期待できる。

ビジュアルで目に留まる「排気バルブ」は、着用時でも呼吸しやすい状態になるようサポート。吐くときは開き吸うときは閉じる特殊な構造によって、効率的に二酸化炭素と水分を排出することで呼吸のしやすい状態をキープする。

値段は、バルブ付きで4200円(税抜)。カラバリは9種類で、使用後は洗ってリユースも可能。「花粉症」に悩む人の強い味方になってくれそうだ。

vogmask
【公式ホームページ】http://vogmask.tokyo/

Top image: © 2019 株式会社アールオーエヌ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
TABI LABO編集部が厳選した、高機能・高品質な「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
国内外のアパレルメーカーが手がける「おしゃれマスク」を紹介。どれもオンライン購入可能で、洗って繰り返し使えるマスクばかり。withコロナ時代、おしゃれなマ...
「じゃばら」に含まれるナリルチンは、花粉症の症状を緩和して抗酸化力を向上させることができるとされ、子どもや妊婦でも安心して摂取が可能。生産農家を支援し、花...
世界的にマスク不足が叫ばれているなか、あの「モンベル」が高機能素材「ウイックロン」を使用したマスクをオンライン限定で販売。価格は1枚1200円(税別/送料...
沖縄・宮古島の「シギラセブンマイルズリゾート」では、スギ花粉が飛散する時期に、スギが育ちにくく、植林もほとんどおこなわれないため、スギ花粉によるアレルギー...
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
「ふるさと納税ガイド」がまとめた「ふるさと納税でもらえるマスク・消毒剤の返礼品」。新型コロナウィルス発生やインフルエンザ流行の影響を受け、コンビニやスーパ...
沖縄発のアロハシャツブランド「PAIKAJI(パイカジ)」から、縫製の際に出たオリジナルプリントのシャツ生地の残布や端切れを使ったサステイナブルなマスクが登場。
世界水準の安全証明繊維、和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。繰り返し使え、最後は土に還すこと...
米国ブルックリンを拠点にするスニーカーメーカー「Atoms」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗うことで繰り返し使えるマスクの予約を受付中。残念な...
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
ドライブインシアターを日本全国で開催する「Drive in Theater Japan Tour」の第一回が、6月13日(土)に「東京サマーランド」の駐車...
ナノ・ユニバースから「花粉バリアコート」が登場した。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
日本を代表するウレタンメーカー「イノアックコーポレーション」が、国内工場で丁寧に生産する、繰り返し水洗いOKのポリウレタン製マスク「ポリマーボディーの洗え...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
一見虎の口がプリントされているだけかと思いきや、そこには遊び心のある仕掛けが!作り方も公開中!