いよいよ「SHARP」がフェイスシールドを発売!

「人生なにが役に立つかわからない」

といった内容の呟きを先日公式ツイッターにあげたのは、おなじみの家電メーカー、シャープ株式会社

そんなシャープが、今春のマスクに続き、高性能フェイスシールドなど4種6モデルを発売することになった。

プロダクトデザイナーの大浦イッセイ氏の協力のもと開発されたこの商品は、これまでシャープが液晶パネル開発で培ってきた表面の特殊加工技術(モスアイ技術)を活用したフィルムと、メガネの町・福井県鯖江市で作られた装着感や耐久性に優れたチタンフレームを組み合わせた高性能のフェイスシールド、およびアイシールド、マウスシールドであるとのこと。

特殊加工を施すことで、光の映り込みを大幅に低減するので、日光や照明の反射により視界を遮られないことに加え、新開発の特殊なアクリル系樹脂を用いることで、高湿環境下や呼気による曇り防止にも効果を発揮し、常にクリアな視野を保つことが可能。

鯖江産の軽量チタンフレームは長時間の装着も快適な上、フィルム表面は傷の付きにくい加工が施されているので、長期間使用することもできるという。

そもそも家電メーカーであるシャープが以前マスクを製造したのは、社会的な需要に加えて、自社の液晶工場にマスクを製造することが可能なクリーンルームを備えていたため。

そして今回は、見やすい液晶テレビを作るために自社でコツコツ開発してきた「反射しない・曇らないフィルム」が、まさかの高性能フェイスシールドの開発に役立つことに。

まさに、「人生なにが役に立つかわからない」。

具体的な発売時期は未定だが、デザイン・機能ともに期待が高いため、マスクに続いて入手困難になることは必至だ。

©2020 シャープ株式会社

シャープ株式会社

【商品詳細ページ】https://jp.sharp/faceshield/

Top image: © iStock.com/KrizzDaPaul
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事