息苦しさから解放!フェイスシールドのオススメ6選

夏のマスク生活は過酷。「冷感マスク」や「蒸れないマスク」なるものも販売されているが、この炎天下でマスクをつけること自体がすでにツライ......。

そんなマスクによる息苦しさや蒸し暑さ、不快感が苦手という人にオススメしたいのが「フェイスシールド」。マスクよりも呼吸がしやすく、蒸れにくいという特徴があるほか、表情が見えるため会話がスムーズ、メイクが崩れにくいというメリットも。

ここでは、さまざまなシーンに使えるオススメのフェイスシールドをご紹介。まだフェイスシールドを試したことがないという方や、もっといいフェイスシールドを探しているという方はぜひチェックを!

フェイスシールドとは?

フェイスシールドの画像
©Freedom Studio/Shutterstock.com

フェイスシールドとは、主に医療現場などで使われている、透明のプラスチック素材などでできたシートのこと。顔全体を覆うことのできるゴーグルのようなものです。他人の咳やくしゃみ等による飛沫粒子が自分の目や口などに入らないようにするために使用される。また、自分の咳やくしゃみを飛散させない効果も期待できるよう。

コロナウイルスの流行以来、医療の現場では欠かせないものとなっており、飲食店や商業施設のスタッフ、また一般の方が外出時に付けることも増えてきている。

フェイスシールドのメリット

フェイスシールドを着用するメリットは、なんといっても“呼吸のしやすさ”。マスクのように密着感がないため、息苦しさや蒸れを感じにくいのが特徴。

また、マスクでは十分にメイクを楽しめていなかった方いるはず。フェイスシールドを使用すれば、メイク崩れの心配もないのだ。

さらに、マスクと一緒にフェイスシールドを着用することで、さらに強い防護性を期待できる。

【フェイスシールドのメリット】

  • 呼吸のしやすさ
  • マスク内の蒸れの軽減
  • 化粧崩れがしにくい

フェイスシールドのデメリット

フェイスシールドの着用にはいいところもたくさんある一方、デメリットも。まず第一のデメリットは、密着性の低さだ。フェイスシールドはマスクとは違い、顔に密着しない。そのため、正面からの飛沫を防ぐ効果は期待されているものの、左右等から入ってくる飛沫を浴びてしまう可能性があるのだ。

また、フェイスシールドの多くは頭に巻いて着用するため、せっかくセットした髪型が崩れてしまうなんてことも。髪型を崩さないデザインも販売されているため、この記事の紹介を参考に自分にぴったりのフェイスシールドを見つけてみてほしい。

【フェイスシールドのデメリット】

  • 密着度が低い
  • 街なかで着用するハードルが高い
  • 髪型が崩れやすい

フェイスシールドの選び方

フェイスシールドの画像
©iStock.com/Supersmario

フェイスシールドとはなにか、メリット・デメリットを確認したところで、ここではフェイスシールドの選び方を説明していく。気をつけたいポイントは以下の3点。

  • 曇り止め加工がされているか
  • 顔をしっかりと覆われる面積があるか
  • 自分にあった着用法であるか

フェイスシールドは着用時に呼吸によって、曇ってきてしまうことがあるため、曇り止めの加工がしてある商品を選ぶのがオススメだ。曇り止め加工がない場合は、あとから曇り止めを塗るという手も。

また、フェイスシールドには頭に巻くタイプやメガネ型のものなどさまざまな種類がある。ご自身のライフスタイルや着用シーンに合わせて選んでみてほしい。

フェイスシールドはどこで買える?

では、フェイスシールドはどこで購入できるのか?最近では、ドラッグストアやコンビニでも見かけるようになった。また、「フェイスシールド」と検索すると、じつに多くの種類の商品が出てくる。

以下では、数あるフェイスシールドのなかでも、オンラインで購入できるオススメ6選を紹介していきたい。

オンラインで買えるフェイスシールドのおすすめ5選

01. UVカットもできる!
「FACE SCREEN MIRROR for UV」

FACE SCREEN MIRROR for UV/株式会社DOUBLE-H
©株式会社DOUBLE-H

樹脂加工及び印刷加工を行うベンチャー企業 株式会社DOUBLE-Hは、UVカット機能のついたフェイスシールド「FACE SCREEN MIRROR for UV」を販売中。

夏の紫外線が強い中、野外で活動する方々のために開発されたこの商品。UVカットのほか遮光、遮熱効果がある。

白・クリーンブルー・シーピンクと3種類のカラーバリエーションから、お好みのものをチョイスしてみて欲しい。

『FACE SCREEN MIRROR for UV』

【価格】2420円(税込)/1枚
【販売サイト】https://doublehh.official.ec/items/32091130

02. マスクの上に!
「マスクにつけるスマイルシールド」

マスクにつけるスマイルシールド/株式会社プロネート
©株式会社プロネート

株式会社プロネートは「マスクの下は笑顔」を合言葉に、マスクにつけてる変えるフェイスシールド「マスクにつけるスマイルシールド」を販売中。

このフェイスシールドの特徴は、お手持ちのマスクに装着して使うことができる点。どんなマスクの上にも装着することができるという。また、フェイスシールドの面積が小さい目なため、息苦しが軽減されるというメリットも。

さらにこちらは、フェイスシールドへのオリジナルプリントを依頼することも可能なのだとか。イベントやお店などでお揃いのフェイスシールドを使いたいときにもオススメ!

03. 帽子と一体に!?
「フェイスシールド内蔵型キャップ」

フェイスシールド内蔵型キャップ/株式会社A.R.K
©株式会社A.R.K

株式会社A.R.K/アークは変身帽子ブランド「マスクヘッズ®」の特許技術を応用した商品、「フェイスシールド内蔵型キャップ」を販売中。

帽子にワンタッチで取り出すことができるフェイスシールドがついているため、帽子とフェイスシールドを同時に着用したい場合は便利。2つのアイテムをわざわざ持ち運ぶ手間や、装着する手間を省略することができる。キャップのデザインは3種類から選択可。

「フェイスシールド内蔵型キャップ」はクラウドファンディングサービスREADY FORにて販売中。販売期間は~9月17日23時00分まで。お見逃しなく!

『フェイスシールド内蔵型キャップ』

【価格】2770円(税込)/1枚
【販売サイト】https://readyfor.jp/projects/44141

04. メガネ型もアリ!
「クリアフェイスシェード」

クリアフェイスシールド/株式会社ギャレリアインターナショナル
©株式会社ギャレリアインターナショナル

株式会社ギャレリアインターナショナルは、メガネ型の「クリアフェイスシェード」を販売中。

通常フェイスシールドは、頭に巻きつけるタイプのものが多く「髪型が崩れてしまう......」と困っていた方もいるはず。このフェイスシールドはメガネのように耳にかけるだけで装着できるため、そんなお悩みも解決!

シールド部分は付け替えが可能で、衛生的に使うこともできるアイテム!

『クリアフェイスシェード』

【価格】550円(税込)/1枚
【販売サイト】https://shop.galleria-intl.com/items/32399801

05. タオルにON!
「タオルでつけるスマイルシールド」

タオルでつけるスマイルシールド/株式会社プロネート
©株式会社プロネート

株式会社プロネートは、「マスクの下は笑顔」を合言葉に、タオルにつけて使えるフェイスシールド「タオルでつけるスマイルシールド」を販売。

タオルやバンダナで頭に固定して使うフェイスシールドだ。プラスチックが肌に触れる面積が小さいため蒸れないだけでなく、タオルが汗を吸収してくれるというメリットも。

タオルやバンダナを巻いてお仕事をする飲食店の方やこれからの学園祭シーズンにもオススメ。ターバンを使ってヘアアレンジをする女性にも!

【番外編】 メガネにつけるマウスシールド
「めがね装着型マウスシールド」

めがね装着型マウスシールド/株式会社キュリオ
©株式会社キュリオ

株式会社キュリオは、メガネやサングラスに取り付けて使用する「めがね装着型マウスシールド」を販売中。

こちらの商品は口元だけを覆って使う“マウスシールド”。メガネに装着して使うため、目元はメガネで覆われているため、口元だけを保護するデザインとなっている。面積が小さい分、息苦しさも低減。フェイスシールドは見た目が大げさすぎるというユーザーの声にも答えた商品だ。

マスクをするとメガネが曇って困っていたメガネユーザーにはもってこいのアイテム!

まとめ

フェイスシールドもさまざまなデザインのものが発売されており、オンラインで手軽に購入できるようになった。これからもしばらく続くことが予想される、Withコロナの新しい生活。ぜひ、自分にあったフェイスシールドも取り入れてみてはいかがだろうか?

Top image: © 株式会社DOUBLE-H

関連する記事

ニューヨークのデザイナーJoe Doucet氏は“サングラスと一体化したフェイスシールド”を設計。洗練されたデザインながらも顔を覆い隠すこのシールドは、マ...
パリコレや東京コレクションでも活躍中。上下可動で、飲食や水分補給時でも取り外しが必要なく、バツグンの透明度を誇るフェイスシールドが登場。
シャープが、マスクに続き高性能フェイスシールドなど4種6モデルを発売する。液晶パネル開発で培ってきた表面の特殊加工技術(モスアイ技術)を活用したフィルムは...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
今週20日(月)のリリース後、またたく間にSNSで拡散され、すでに医療現場でも活用されているというA4サイズのクリアファイルを使った「フェイスシールド」の...
デザイナー・吉岡徳仁による「フェイスシールド」のオリジナル無料テンプレートが、今、SNSで多くの反響を呼び、国内外から大きな称賛を受けている。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...