【スイス発】自転車専用「雨よけシールド」が、日本で販売開始!

雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドです。スタイリッシュなデザインだけに、街中で視線を集めること間違いなし!?

01.
たった30秒で取り付け可能!

d16152-1-974073-4_Rd16152-1-891541-3_R

その重さはわずか1,540g。使い方は簡単で、ハンドルとシートの後部に固定するだけです。ケースから取出し、広げて30秒もあれば取り付けできるでしょう。

02.
カイトサーフと同じ素材で
抜群の丈夫さ

d16152-1-162838-0_R

dryveは、スリランカのカイトサーフメーカーの高い技術により製品化が実現。主な素材はポリカーボネートで、戦闘機のシールド等に使われている丈夫なものなのだとか。

03.
スイスでの長年の研究実績

d16152-1-206050-1_R

ヨーロッパ各国で、普段の街乗りから、週末の郊外ツーリングまで幅広く利用されています。風や雨の流れも計算されたスタイリッシュなデザインのため、街中の走行でも気になりません。

d16152-1-939256-2_R

「日本の雨降りどきの自転車スタイルを一新する!」をコンセプトとしたこの商品は現在、専門ショップにて38,000円(税別)で販売中。上の写真のカラーだけでなく、青やピンクなど全5色展開となっています。近い将来に、日本でも色とりどりのdryveを見れる日がくるかも!?

参照元:PR TIMES

ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...