【スイス発】自転車専用「雨よけシールド」が、日本で販売開始!

雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドです。スタイリッシュなデザインだけに、街中で視線を集めること間違いなし!?

01.
たった30秒で取り付け可能!

d16152-1-974073-4_Rd16152-1-891541-3_R

その重さはわずか1,540g。使い方は簡単で、ハンドルとシートの後部に固定するだけです。ケースから取出し、広げて30秒もあれば取り付けできるでしょう。

02.
カイトサーフと同じ素材で
抜群の丈夫さ

d16152-1-162838-0_R

dryveは、スリランカのカイトサーフメーカーの高い技術により製品化が実現。主な素材はポリカーボネートで、戦闘機のシールド等に使われている丈夫なものなのだとか。

03.
スイスでの長年の研究実績

d16152-1-206050-1_R

ヨーロッパ各国で、普段の街乗りから、週末の郊外ツーリングまで幅広く利用されています。風や雨の流れも計算されたスタイリッシュなデザインのため、街中の走行でも気になりません。

d16152-1-939256-2_R

「日本の雨降りどきの自転車スタイルを一新する!」をコンセプトとしたこの商品は現在、専門ショップにて38,000円(税別)で販売中。上の写真のカラーだけでなく、青やピンクなど全5色展開となっています。近い将来に、日本でも色とりどりのdryveを見れる日がくるかも!?

参照元:PR TIMES

建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォン...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...