スイスでは、金魚を1匹だけで飼うのは違法。一体なぜ?

同国には、2008年に生き物の権利を守るための法律が細かく制定されていたーーと「The Daily Mirror」が伝えています。

たとえば、金魚は社会性があるため、無理やり引き離して個別に飼うことは残酷な行為であると判断。そのため、1匹だけで飼うと違法になってしまうようです!

寂しくて苦しいから、
ひとりぼっちにしちゃダメ。

これについては、モルモットやインコも同じ。しかも、前者に関しては、もしペアの一方がこの世を去ってしまった時に、新しいパートナーを見つけてくれる会社まであるそう!

Techly」によれば、猫や犬に関しても、1匹だけで飼う場合にはほかの動物とコミュニケーションがとれるよう、外にも出れるようにして飼わなければならなかったり、飼う前に講習を受けなければいけなかったりと様々な条件があるみたい。このような法律は、ヨーロッパ諸国にほかにもチラホラある模様です。

ちなみに、2004年の「The New York Times」によると、イタリアで金魚を金魚鉢に入れて飼うのは禁止。理由は、視界が歪んでしまい、四角い水槽と比べてフィルターが付けられないため水が汚れやすく、酸欠にもなりやすいからだったとか。

法律の有無に関わらず、ペットを飼うときにケアしたいことはたくさんあるものですけれど、ちょっとビックリしちゃうかも。

スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
スイスの最重要バンドである「YOKKO(ヨッコ)」のジャパンツアーが開催!
青森と言えば、夏のねぶた祭り。祭りで使う飾りをイメージし、創業安政5年の老舗「上ボシ武内製飴所」が作ったのが「金魚ねぶた」という一口玉ようかんです。餡の中...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
7月18日から8月11日まで、スイス西部のブベーで開催されるワイン生産者の祭り「Fête des Vignerons(フェット・デ・ヴィニュロン)」。この...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
心理学と神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」という危機感を持つべきなのは、私たち人間...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。