これ、食べられるんです。浅草の「金魚の飴細工」が海外で話題に!

日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。

85singo_edible-1

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-3

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-5

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-1

85singo_CD_3K6XUMAEqkTA

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-6

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-10

伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」では、オーガニックのでんぷんと砂糖を使って作られた精巧な飴細工を購入することができ、実際に飴細工体験を楽しむこともできる。
代表の手塚新理氏は、店舗やイベントで飴細工の実演も行っており、これまでも国内外問わず様々なメディアに取り上げられている。しかし、改めて見てもその技術の高さには驚きだ。

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-17

85singo_edible-2

85singo_edible-3

85singo_edible-7

85singo_スクリーンショット 2015-05-18 2.44.57

85singo_スクリーンショット 2015-05-18 2.45.09

85singo_ameshin-asakusa-1

85singo_ameshin-asakusa-2

浅草の店舗には、飴細工を楽しみならがくつろげるカフェスペースがあり、体験教室が開かれている。東京スカイツリータウン・ソラマチ店では飴細工の製作実演や販売もしている。一度は覗いてみたいお店だ。

2015年5月にはニューヨークで開催された「TOKYO DESIGN WEEK 2015」でも展示が行われた。海外でも評価が高い作品の数々、気になった人は一度お店を訪ねてみてはどうだろう。最新情報については、HPで確認できる。

店舗営業時間 11:00〜18:00定休日 木曜日(臨時休業あり)〒111-0024 東京都台東区今戸1-4-3 1F(今戸神社前)各浅草駅より徒歩約10分〜15分浅草駅から台東区循環バス『北めぐりん』、または都営バス東42乙系統に乗車し、リバーサイドスポーツセンター前停留所下車・徒歩1分。浅草駅などより都営バス東42甲系統・浅草七丁目より徒歩3分。パンダバス浅草ルート(無料循環バス)、今戸神社バス停下車徒歩0分※浅草店では飴細工の販売や製作実演はおこなっていないそうです。

Licensed material used with permission by 飴細工アメシン

andmore
他の記事を見る
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
醤油の原料には当然ながら塩が使われ、大豆にだってマグネシウムやカリウム、ビタミンが含まれています。ということで、秋口の熱中症予防にいかがでしょう。
これをどう体験するか(味わうか)は人それぞれですが、思索にふける夜のお供にもってこい、なんて気がしてしまいます。あえて言うなら“哲学の飴”。「車いすの物理...
食べ始めたら止まらなくなります。醤油の町・金沢大野に拠点を構える、老舗の佃煮製造会社がつくった、くるみの飴煮。佃煮と同じく釜炊きの製法でつくられたもので、...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
多くの若手三味線奏者や民謡歌手の登竜門だった、浅草の民謡酒場「追分」が、浅草での61年の営業に幕を下ろします。移転し再スタートするものの、皆に愛された浅草...
浅草のローカル文化を体感できる人と繋がるコミュニティ・ホテルWIRED HOTEL ASAKUSA 〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2htt...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
東京・浅草にある「REEAST ROOM」は、アメリカ発「壊したい放題」のレンタルルーム。食器や空き瓶、小型プリンターなどの家電を揃え、「部屋のものをバッ...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...