これ、食べられるんです。浅草の「金魚の飴細工」が海外で話題に!

日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。

85singo_edible-1

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-3

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-5

85singo_amezaiku-by-shinri-tezuka-1

85singo_CD_3K6XUMAEqkTA

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-6

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-10

伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」では、オーガニックのでんぷんと砂糖を使って作られた精巧な飴細工を購入することができ、実際に飴細工体験を楽しむこともできる。
代表の手塚新理氏は、店舗やイベントで飴細工の実演も行っており、これまでも国内外問わず様々なメディアに取り上げられている。しかし、改めて見てもその技術の高さには驚きだ。

85singo_amezaiku-hyper-realistic-animal-lollipops-shinri-tezuka-japan-17

85singo_edible-2

85singo_edible-3

85singo_edible-7

85singo_スクリーンショット 2015-05-18 2.44.57

85singo_スクリーンショット 2015-05-18 2.45.09

85singo_ameshin-asakusa-1

85singo_ameshin-asakusa-2

浅草の店舗には、飴細工を楽しみならがくつろげるカフェスペースがあり、体験教室が開かれている。東京スカイツリータウン・ソラマチ店では飴細工の製作実演や販売もしている。一度は覗いてみたいお店だ。

2015年5月にはニューヨークで開催された「TOKYO DESIGN WEEK 2015」でも展示が行われた。海外でも評価が高い作品の数々、気になった人は一度お店を訪ねてみてはどうだろう。最新情報については、HPで確認できる。

店舗営業時間 11:00〜18:00定休日 木曜日(臨時休業あり)〒111-0024 東京都台東区今戸1-4-3 1F(今戸神社前)各浅草駅より徒歩約10分〜15分浅草駅から台東区循環バス『北めぐりん』、または都営バス東42乙系統に乗車し、リバーサイドスポーツセンター前停留所下車・徒歩1分。浅草駅などより都営バス東42甲系統・浅草七丁目より徒歩3分。パンダバス浅草ルート(無料循環バス)、今戸神社バス停下車徒歩0分※浅草店では飴細工の販売や製作実演はおこなっていないそうです。

Licensed material used with permission by 飴細工アメシン

これをどう体験するか(味わうか)は人それぞれですが、思索にふける夜のお供にもってこい、なんて気がしてしまいます。あえて言うなら“哲学の飴”。「車いすの物理...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングして、砕いたクッキーやナッツ、グラノーラなどでデコレーションする、アメリカ生まれのスイーツ「キャラメルアップル」。イ...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
誰にも見られたくない大事なものは、どこにしまっておくか迷うところ。仮に鍵をかけたところで、鍵そのものが見つかってしまえばおしまいです。そんなときに使いたい...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。