今後エビやカニを食べる時、きっとこの話を思い出す。

料理で大事なのは、やっぱり素材のフレッシュさ。とはいえ、生きている状態から調理するものって、特に西洋では意外と少ない。スーパーに並んでいる食材だって、「すでに死んでいる」ものが大半だ。

だけどもエビやカニの類は、「痛みを感じない」と言われてきたので、生きたまま茹でるのもポピュラーなやり方だった。ところが、「動物愛護大国」スイスはこの流れにも、ついに規定を加えたんだとか。

エビやカニを茹でる時、
「気絶させないと違反」です。

4863833902415872

こんな規則を設けた理由は他でもない、「甲殻類が痛みを感じているかもしれない」という研究結果が出たから。

研究によれば、甲殻類の痛みのサインは人間にとって必ずしもわかりやすいものではないけれど、痛みを避けるために彼らが巣穴を諦めたと推測できる実験のデータからこの結論を導いたのだとか。

今年3月から施行されるという新ルールの中には、「生きている甲殻類の、氷や氷水に漬けての輸送の禁止」や、「水中の生物は、常に自然と同じ環境にいるように保存しなければならない」、「殺す前に失神させなければならない」などの細かい規定も存在する。

スイスの動物保護法の細かさは、他にも犬や魚などのペットに関しても手厚いことで有名。飼う形態から遺体処理の方法、安楽死の条件など、細かく定められている。これに関しては、ネットではいつも賛否両論が巻き起こってきた。

「命と真摯に向き合う」って?

「踊り食い」や「活き造り」の文化もあり、動物が法律上「もの」として扱われている(まぁ、人間と区別しているだけで、「ひとの財産」扱いだからといって命としてみていない、ってなるわけではないんだけど)との指摘もよくあがる日本。

こういった動物愛護の問題については「命を尊重する姿勢を見習うべきだ」という意見と「そんなことまで口を出すなんて、くだらない」という意見がいつだって喧々諤々の議論を繰り広げている。

でも個人的に言わせてもらうならば、規則でどうこう定める以前に、意識として持っていなければならない部分を忘れちゃいけないんじゃないだろうか。つまり、ルールで定めたからって“命と真摯に向き合っている”ことに直結するわけではないし、逆も然りってことだ。

本当に色々な意見があって、個々人の価値観と密接に絡んでくる問題だからこそ、ルールが意識の理由になっちゃいけないし、ルール以前の意識ももっと気にかけたい、と思う私。

命と真摯に向き合うっていうのは、個人個人の奥の部分と向き合うことから、まずは始めることなのかもしれない。皆さんはどう思いますか?

Reference: BBC NEWS
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
同国には、2008年に生き物の権利を守るための法律が細かく制定されていたーーと「The Daily Mirror」が伝えています。たとえば、金魚は社会性が...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
もっとも人間に近い猿と言われるボノボ。パッと見てチンパンジーと見分けがつかないのですが、大きく異なるところがあるよう。彼らは繁殖目的だけではなく、食べ物の...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱい...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
心理学と神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」という危機感を持つべきなのは、私たち人間...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...