私たちはかつて、路上で「性」を売っていた。そして今は…。

55歳以上の現役もしくは、元セックスワーカーを対象としたメキシコにある『Casa Xochiquetzal』という保護施設。10年以上前に開館したこの施設は、現在にいたるまで300人以上の女性たちの支援をしてきました。

ここに住むほとんどが、身も心もすり減らしながら「性」を売ってきた人々。彼女たちは今、どんな人生を歩んでいるのでしょうか。

「売春」していた事実と現在。

2014年5月27日 Soledadの寝室にて撮影

フォトグラファーのBénédicte Desrus氏が、Casa Xochiquetzalの存在を知ったとき。55歳以上の売春婦じゃないと入れないという、彼女にとっては型破りな入居条件に驚いたそうです。

その実態を知りたくなったBénédicte氏は、女性たちに密着取材をすることを決意したのでした。

レイプされ、左手足が麻痺。
まだ14歳だったのに。

2013年10月2日 Soniaの寝室にて撮影

彼女の名前はSoniaといいます。メキシコのソノラ州出身で撮影時は62歳。14歳の時レイプされ、さらに頭部に重症を負いました。それ以来、左腕と左足が麻痺。それでも、彼女は「性産業」へと身を投じたのでした。

明るく振る舞うのは、
現実を必死に生きているから。

2010年10月15日 働きに出かける前に化粧をするAmaliaの姿を撮影

撮影当時、66歳のAmaliaはミチョアカン州出身。Casa Xochiquetzalが創立したときからの住人です。

仕事に向かう前に、ウィッグを付けブラにパッドを入れます。とても生き生きとした様子で、Amaliaの口からは言葉や歌が次から次へと。実は彼女、統合失調症を患っています。しかも22年間も。彼女の明るい声とは裏腹に、現実とのつながりを失わないように必死だということが伝わってきました。

今は、ちょっとした小遣い稼ぎをするために、ペットボトルを集めてリサイクルし、31歳の恋人が経営しているスタンドで洋服を売っているそうです。

大切な人を愛する。
これだけは、忘れない。

2013年6月26日 Victoriaと娘を撮影

彼女はVictoria。メキシコシティから1時間ほど北東に位置するパチューカで暮らす愛する娘を訪ねたところ。Casa Xochiquetzalに住む女性の多くは家族がいます。しかし、そのほとんどが会うことだけではなく、連絡を取り合うことですら珍しいそうです。

「生きるため」に性を売った。
そして、世の中から見放された女性たち。

2013年9月3日 シャルター内でシャワーを浴びるSoledad

Casa Xochiquetzalの創設者であるCarmen Muñoz氏。彼女自身も元セックスワーカーでした。

社会から締め出され、家族からも見放された女性たち。その日、寝る場所すらない彼女たちの多くは、路上で生活するしかなかったのです。中には所持金が一銭もなく、売春をしなくては“命の危機”に追いやられてしまうのでは。そう思うような人もいたそうです。

入居者たちと10年もの間、同じ時間を過ごし、撮影するようになってから、Bénédicte Desrus氏はこう語っています。

社会では知られていない、女性たちの生き方。今まで想像すらしたことのなかったセックスワーカーたちの「現実」を知ることができた。

 

私が最期のときに近づく彼女たちの姿を撮影するのは、必死に生きる女性たちへの偏見と差別をなくしたいから。


DONATIONS to Casa Xochiquetzal, shelter for elderly sex workers in Mexico City, can be made via Paypal: mujeresxochiquetzal@gmail.com

Thank you!

 

Licensed material used with permission by Bénédicte Desrus, (Instagram)

【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
デートレイプドラッグは、日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、心も体もひどく傷つける最悪な犯罪です。被害者を減らすため、ある1人の女性が、飲み物に薬物が含ま...
「レズビアンを“治す”ために、拷問やレイプをする診療所がある」。フォトグラファーPaola Paredesが演じるのは、レズビアンが男性を愛せるように治療...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
釘のようなものが隠れているネックレスや鋭利なピラミッド型の装飾があるブレスレットをデザイン。くだけた言い方をするなら、オシャレなメリケンサックも販売中です!
今注目の、奄美・徳之島で作られる「国産コーヒー」を一番美味しく飲む方法を紹介。それは現地の空気を感じながら飲むこと。そこに暮らす生き物や人、日常の景色、時...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
「性」を売る女性たち。娼婦たちの“生の声”をまとめた『The Act』の著者であるJulia Fullerton-Battenが出会ったある一人の女性の話...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。