性犯罪被害にあった女性へ、連帯を呼びかけるハッシュタグ。

インドでは、女性に対する性犯罪が後を絶たず、大きな社会問題となっています。

ある女性が夜中に男性から追いかけられた事件に対して、インド人民党の地域副大統領Ramveer Bhatti氏は、このようなコメントを残しました。

「女性が夜中に外に出歩かなければ、このような被害は起きないのではないか」

発言に反発が集まり、SNSでは「#AintNoCinderella」というムーブメントが起こっています。

「わたしたちはシンデレラじゃない」

このムーブメントの火付け役となったVarnika Kunduさん。彼女も夜中に男性二人から車で追いかけられる被害に遭ったそう。幸い、暴力を振るわれることはなかったそうですが、執拗なストーキングに恐ろしい思いをしたことは変わりません。

この事件に対して、政治家であるRamveer Bhatti氏が、以下のように発言をしたことが、さらなる物議を呼ぶことに。

「12時以降に女性が外出していたことがそもそも問題なのでは?家庭を守る女性が、夜に出歩くのは良いこととは言えません」

確かに、自分の身は自分で守ることは大切なことかもしれません。けれど、犯罪に怯えて行動を制限されるというのはおかしい、とインドの女性たちはRamveer Bhatti氏に反論します。

「責められるべきは犯罪者であり、犯罪をなくしていくことに尽力するべきなのに、被害者にその責任を問うことはおかしい」

批評家たちもこうコメント。SNSではインドに住む女性たちが「#AintNoCinderella」というハッシュタグを使用し、自ら夜中に外出している画像を一緒に投稿して、インドの性犯罪を減らす対策を社会全体で取り組むよう訴えています。

インドで性犯罪がなくならないのは、女性の発言力が非常に低く、犯罪自体が隠蔽されてきた歴史が影響しているのではないかという見方もあります。SNSで、このように女性が自らの声で社会に警鐘を鳴らす状況が、これからのインド社会をよりよくしていく一歩になるのではないでしょうか。

インドに限らず、性犯罪はどの国でも解決されるべき問題。国に関わらず、女性が犯罪に怯えることなく外出できる社会になっていってほしいですね。

Licensed material used with permission by Palak Sharma
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
デートレイプドラッグは、日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、心も体もひどく傷つける最悪な犯罪です。被害者を減らすため、ある1人の女性が、飲み物に薬物が含ま...
釘のようなものが隠れているネックレスや鋭利なピラミッド型の装飾があるブレスレットをデザイン。くだけた言い方をするなら、オシャレなメリケンサックも販売中です!
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、...