この映画は、単純なラブストーリーじゃない。自分の信念を貫くために闘った「女性の物語」だ。

1940年代のアイルランド。そこは宗教的圧力と古く保守的な風習によって女性たちが虐げられてきた歴史を持つ。

この物語の主人公ローズは、美しいという理由だけで「男を狂わす危険な女性」と色眼鏡をかけられてしまう。続いて、抗いがたい運命に飲み込まれていくのだ。やがて、未婚の母や婚外子を生んだ彼女は、ある事件をきっかけに40年にも渡って精神病院に幽閉されてしまうハメとなるー。

本作品のポスターなどで展開されているメインビジュアルから想像できるのは、ラブストーリー。だけど、そんな単純な話なんかじゃない。この映画は、自分自身のアイデンティティを証明するために闘い続けた女性の信念の物語なのだ。

赤ん坊殺しの罪に問われる
精神障害犯罪者

ローズは、なぜ長い間精神病院にいるのか、どうして本名とは違う名前を名乗るのか、一体彼女にはどんな過去があるのか?

ここでネタをバラすつもりはないが、予告編のトレーラーの中で触れられるワードのみを紹介しよう。彼女は、赤ん坊殺しの罪に問われる「精神障害犯罪者」だ。

このショッキングな設定が、物語の大きなキーになっている。

 

運命を狂わされた女性

若かりし頃のローズを演じているのは、ルーニー・マーラ。ニューヨーク出身の女優さんだけれど、瞳の色が吸い込まれそうなグリーン。もし、彼女に真っ直ぐに見つめられたら、一瞬で心を奪われそうなほどの美女だ。

男たちを惹きつけるほどにセクシーという役柄はハマリ役だとも言える。とはいえ、今でこそ、彼女の美しさは、大きな武器とも成り得るかもしれないけれど、当時のアイルランド(しかも、田舎町)では、厄介ごとの火種でしかなかったのだ。

ルーニー曰く「ローズは、時代の犠牲者」。実際、アイルランドには、彼女のように運命を狂わされた女性が多く存在していたとのことだ。

忘れてはならない
生への執着

歴史は勝者によって書き換えられるのが、常。で、個人のプロフィールなど簡単に書き換えられてしまう。身寄りのない女性の人生なんて、どうにでもされてしまうのだろう。

ローズの場合は、気が触れた目障りな高齢の女性。そんなレッテルを貼られながらも彼女は、自分自身が何者であるかを証明することを諦めなかった。そして、聖書の隙間に密かに日記を書き綴ったのだ。

幽閉されて40年間。彼女が生きながらえたのは、生への執着であり、自分の信念を貫き通したからに他ならない。映画タイトル「ローズの秘密の頁」ともあるように彼女がどんな秘密をしたためたのか。そして、エンディングでどんな奇跡が起こるのかは、ぜひ、劇場で目撃して欲しい。

『ローズの秘密の頁』
2018年2月3日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU CINEMAほか全国公開中。公式サイトはコチラ

(C)2016 Secret Films Limited

Licensed material used with permission by ローズの秘密の頁

関連する記事

映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
動物搾取の事実を取り上げたり、ヴィーガンメッセージを含んだヴィーガンフレンドリーな映画。そのジャンルに特化してリスト化した「VegMovies」がオープン...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。