この映画は、単純なラブストーリーじゃない。自分の信念を貫くために闘った「女性の物語」だ。

1940年代のアイルランド。そこは宗教的圧力と古く保守的な風習によって女性たちが虐げられてきた歴史を持つ。

この物語の主人公ローズは、美しいという理由だけで「男を狂わす危険な女性」と色眼鏡をかけられてしまう。続いて、抗いがたい運命に飲み込まれていくのだ。やがて、未婚の母や婚外子を生んだ彼女は、ある事件をきっかけに40年にも渡って精神病院に幽閉されてしまうハメとなるー。

本作品のポスターなどで展開されているメインビジュアルから想像できるのは、ラブストーリー。だけど、そんな単純な話なんかじゃない。この映画は、自分自身のアイデンティティを証明するために闘い続けた女性の信念の物語なのだ。

赤ん坊殺しの罪に問われる
精神障害犯罪者

ローズは、なぜ長い間精神病院にいるのか、どうして本名とは違う名前を名乗るのか、一体彼女にはどんな過去があるのか?

ここでネタをバラすつもりはないが、予告編のトレーラーの中で触れられるワードのみを紹介しよう。彼女は、赤ん坊殺しの罪に問われる「精神障害犯罪者」だ。

このショッキングな設定が、物語の大きなキーになっている。

 

運命を狂わされた女性

若かりし頃のローズを演じているのは、ルーニー・マーラ。ニューヨーク出身の女優さんだけれど、瞳の色が吸い込まれそうなグリーン。もし、彼女に真っ直ぐに見つめられたら、一瞬で心を奪われそうなほどの美女だ。

男たちを惹きつけるほどにセクシーという役柄はハマリ役だとも言える。とはいえ、今でこそ、彼女の美しさは、大きな武器とも成り得るかもしれないけれど、当時のアイルランド(しかも、田舎町)では、厄介ごとの火種でしかなかったのだ。

ルーニー曰く「ローズは、時代の犠牲者」。実際、アイルランドには、彼女のように運命を狂わされた女性が多く存在していたとのことだ。

忘れてはならない
生への執着

歴史は勝者によって書き換えられるのが、常。で、個人のプロフィールなど簡単に書き換えられてしまう。身寄りのない女性の人生なんて、どうにでもされてしまうのだろう。

ローズの場合は、気が触れた目障りな高齢の女性。そんなレッテルを貼られながらも彼女は、自分自身が何者であるかを証明することを諦めなかった。そして、聖書の隙間に密かに日記を書き綴ったのだ。

幽閉されて40年間。彼女が生きながらえたのは、生への執着であり、自分の信念を貫き通したからに他ならない。映画タイトル「ローズの秘密の頁」ともあるように彼女がどんな秘密をしたためたのか。そして、エンディングでどんな奇跡が起こるのかは、ぜひ、劇場で目撃して欲しい。

『ローズの秘密の頁』
2018年2月3日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU CINEMAほか全国公開中。公式サイトはコチラ

(C)2016 Secret Films Limited

Licensed material used with permission by ローズの秘密の頁
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
外資系広告代理店時代、後の席に座っていた女性AD(アートディレクター)に勧められたのがきっかけで読んだ漫画が「NANA」だった。
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...