10年長生きする遺伝子を持った「選ばれしアメリカ人」がいる。

アーミッシュ。

多くの人が、一度は耳にしたことがあるかもしれません。アメリカ・オハイオ州やペンシルバニア州、インディアナ州を中心に生活している、プロテスタントの一派のことです。やはり、有名なのは「自動車や電気を使わない」という信念でしょう。

昨年11月、アーミッシュの一部の人たちに、それを持っていない人に比べ、<10年以上長生きすることを可能にしている遺伝子>が見つかったと、「Northwestern University」の研究で明らかになりました。

論文を執筆したDouglas Vaughan氏は、こうコメントしています。

「ただ、より長生きをしているわけではありません。彼らはより健康的に生きています。長寿の理想型です」

では、いったい、アーミッシュはどんな生活を送っているのでしょうか。

「デジタルデトックス」な生き方

ヨーロッパに起源を持つアーミッシュは、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住しました。

現代テクノロジーを使わない、そのライフスタイルは“人間本来の姿”などと表現されています。とは言いつつも、完全に否定しているわけではありません。

アーミッシュに関する研究をしている「Elizabethtown College」のホームページによれば、彼らは使うべきテクノロジーを選んでいる、とのこと。例えば、ガスコンロやトラクターは普及していて、パソコンやテレビ、スマホを持つことは好まれません。

この基準は、特定のテクノロジーが伝統や社会規範を壊してしまうかどうかで、判断されるそうです。そのため、遠距離の移動ができて、独自のコミュニティー観を変えてしまう危険性のある“自動車”は使わない、という選択をしているのだとか。

アーミッシュの価値観は、日本社会に当てはめてみると分かりやすいかもしれません。

スマホの普及によって、希薄になってしまった年賀状の文化。インターネットが一因になっている運動不足を理由とした、生活習慣病。全てが悪いというわけではありませんが、新しい技術による弊害があるのも事実。

だからこそ、「テクノロジー奴隷」のような事態を避けるために、彼らは少しずつと現代社会に馴染んでいく道を選んでいるようです。つまり、大切なのは“共存”という考え。

これを現代風に言い換えれば、「アーミッシュ」は、デジタルデトックスを歴史的に体現してき人たちなのかもしれません。時代に流されることなく貫いてきた、ユニークな文化の偶然の産物が、冒頭で触れた<遺伝子>だったのでしょう。


「テクノロジー奴隷」に嫌悪感を抱くアメリカ。

※うまく表示されない場合はコチラから。

他の記事を見る
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...