アメリカの10万人以上の学生が、iPhoneを学生証として使えるように

Appleは昨年、iPhoneとApple Watchの「Wallet」に学生証の情報を記録し、タッチするだけでさまざまな用途に使用できるシステムを発表。

そして、2019年8月13日に明らかになった情報によると、すでに導入されていたアメリカの大学7校に加えて、新たに12校でも同じシステムが利用できるようになるとのこと。合計で10万人以上の学生が使えるそうだ。

具体的には、大学のジムや図書館、寮への出入り、ランチの購入などができるという。学生証はもとよりクレジットカードも持ち歩く必要がなくなるのだとか。

今後、セキュリティなどの面が強化されれば、運転免許証やパスポートといった重要度の高いIDに転用される可能性もあり、いつかはApple Watchをしているだけで海外にいける時代がくるのかもしれない。

Top image: © Apple
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
8月7日、Appleが「Apple ASMR」というシリーズで4本の動画を公開した。
経済的な理由で、卒業できずに大学を去ってしまう学生が多いアメリカで、画期的なプログラムが発表された。世界最大の米コーヒー店チェーン・スターバックスが、アリ...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
19歳のJulien Turnerは、アメリカにあるモアハウス大学の学生。勉強がそこそこできる彼は、生物学の講義でも「A」を取得していて優秀な方。留年の心...