アメリカの10万人以上の学生が、iPhoneを学生証として使えるように

Appleは昨年、iPhoneとApple Watchの「Wallet」に学生証の情報を記録し、タッチするだけでさまざまな用途に使用できるシステムを発表。

そして、2019年8月13日に明らかになった情報によると、すでに導入されていたアメリカの大学7校に加えて、新たに12校でも同じシステムが利用できるようになるとのこと。合計で10万人以上の学生が使えるそうだ。

具体的には、大学のジムや図書館、寮への出入り、ランチの購入などができるという。学生証はもとよりクレジットカードも持ち歩く必要がなくなるのだとか。

今後、セキュリティなどの面が強化されれば、運転免許証やパスポートといった重要度の高いIDに転用される可能性もあり、いつかはApple Watchをしているだけで海外にいける時代がくるのかもしれない。

Top image: © Apple
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
今夏、全米の大学生の学生証に「メンタルヘルス相談窓口」の連絡先を記載することが法律で義務付けられた。この施策が若者のメンタルヘルス改善にどのような影響を与...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。