アメリカの10万人以上の学生が、iPhoneを学生証として使えるように

Appleは昨年、iPhoneとApple Watchの「Wallet」に学生証の情報を記録し、タッチするだけでさまざまな用途に使用できるシステムを発表。

そして、2019年8月13日に明らかになった情報によると、すでに導入されていたアメリカの大学7校に加えて、新たに12校でも同じシステムが利用できるようになるとのこと。合計で10万人以上の学生が使えるそうだ。

具体的には、大学のジムや図書館、寮への出入り、ランチの購入などができるという。学生証はもとよりクレジットカードも持ち歩く必要がなくなるのだとか。

今後、セキュリティなどの面が強化されれば、運転免許証やパスポートといった重要度の高いIDに転用される可能性もあり、いつかはApple Watchをしているだけで海外にいける時代がくるのかもしれない。

Top image: © Apple
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
「Apple」がアメリカ時間の今月13日(火)に開催されたiPhoneイベントにて待望の新世代モデルとして「iPhone 12」シリーズを発表。
今夏、全米の大学生の学生証に「メンタルヘルス相談窓口」の連絡先を記載することが法律で義務付けられた。この施策が若者のメンタルヘルス改善にどのような影響を与...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
「ハーバード大学」デザイン研究科の学生と卒業生の団体が、建築家や芸術家の作品を募り、オンラインでチャリティセールを開催。すべての売上は差別撲滅運動に力を入...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
2020年春、JR中央線東小金井駅~武蔵小金井駅間の高架下に、学生向け賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI」ができる。部屋はいくつかの...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
「U.S.A. Songs Map」は、アメリカの各州や都市にゆかりのある歌のタイトルが記されている地図。その数1000曲以上。あまり聞いたことのない地名...
17歳起業家が作ったアプリ「ATi-COTi(アチコチ)」は、「動画版食べログ」とも言える全く新しいサービス。アプリ内では、全国のさまざまなご当地グルメを...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
10月19日、「Apple」が無料で365日24時間にわたって音楽映像をストリーミング配信するサービス「Apple Music TV」をローンチ。アメリカ...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
自律型の配達ロボットを開発した企業Starship Technologiesは、2022年を迎えるまでに米国の大学100校のキャンパスで食品配達ロボットを...