アメリカの高校で「学生証のコスプレ撮影」が流行中!

アメリカ・ミシガン州立の高校North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行っています。

実はこのムーブメント、最近急に生まれたわけではなく、一部の学生たちが数年前から始めていたとのこと。少しずつそれが校内で話題になり、今ではコスプレ学生証を自慢するためだけのハッシュタグ「#NFID19」をつけて、多くの生徒がSNSにアップするようになりました。

クオリティが高くて驚いたり、「そこ真似するか!」というキャラクターのチョイスに笑ってしまったりと、見ていると結構ハマってしまいます(笑)。

こんなムーブメントが生まれるアメリカの自由さ、やっぱりいいですよね〜。

Top image: © Africa Studio/Shutterstock.com, iStock.com/acidgrey
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月13日、AppleはiPhoneとApple Watchを使用した「Wallet学生証」をアメリカの大学12校が新たに導入すると発表した。
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
今夏、全米の大学生の学生証に「メンタルヘルス相談窓口」の連絡先を記載することが法律で義務付けられた。この施策が若者のメンタルヘルス改善にどのような影響を与...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
アメリカのインディアナ州在住のCara Fieldsさんの夫は、妻のビデオ会議中の“背景”にコスプレ姿で登場する。時にはカウボーイ、時にはバットマン、また...
「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
アメリカで流行中の「缶ワイン」が、1月1日から「ジェットブルー」の機内で提供されるようになった。
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
会場には完成度の高いコスプレを披露するために、多くのコスプレイヤーが集まります。彼らと写真を撮るために目指してくる人もいるそう。その中でも、ひときわ目を引...
ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得ができるようになります。安全性を確保する、というのがひとつの目的なんです。
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
2020年春、JR中央線東小金井駅~武蔵小金井駅間の高架下に、学生向け賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI」ができる。部屋はいくつかの...
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!