人生を楽しむのに、年齢なんて関係ない。

「人生を楽しむのに、年齢なんて関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのはふたりが60代になってから。

最初こそためらいがあったようですが、どんどんのめり込んでいき、今ではふたりのコスプレ専用Facebookページまであります。

ハロウィンがきっかけで

現在、アメリカ中のコスプレイベントに参加している彼らですが、元々は注目を集めるのがあまり好きではなかったそうです。そんなふたりの初めてのコスプレは、2014年のハロウィンで披露した『カールじいさんの空飛ぶ家』のEllieとCarl。写真で見てわかる通りとても可愛らしく仕上がっているけど、これでも

「若い人たちに受け入れてもらえるか、アジア系の私たちがコスプレをしてどう思われるか不安だった」

でも、結果は賞賛の嵐で、写真の依頼が殺到。

「今まで、ネガティブなコメントはされていません。可愛いとか、ふたりでこんなふうに人生を楽しんでいるなんて理想の夫婦、とよく言われるんですよ。『カールじいさんの空飛ぶ家』のEllieや『フォースの覚醒』のHan Soloみたいに、劇中で死ぬキャラクターのコスプレが多いと言われたことはあるけど、それだけね」

Photo by Danny D Photography

まさか、自分たちがハマるなんて……

もともとは、彼らの娘さんがコスプレイヤー歴10年以上のベテラン。彼らのFacebookページを作ったのも彼女なんですが、

「まさか、私たち自身がハマるなんて」

と、びっくりしているとかで。今ではその娘さんに指南を受けて、自分たちで衣装を作っているほどの熱の入りよう。一つの衣装を作るのに費やす時間はじつに2ヶ月間。あと10年は続けて行きたいそうです。

『ワンダー・ウーマン』のベルトだってもちろん手作り。

コスプレを通して新しい友達も増え、定年後の生活をアクティブにエンジョイするふたり。こんな可愛らしい夫婦、いいなあ。

Licensed material used with permission by CosplayParents
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
会場には完成度の高いコスプレを披露するために、多くのコスプレイヤーが集まります。彼らと写真を撮るために目指してくる人もいるそう。その中でも、ひときわ目を引...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...