38歳で仕事を辞め、世界を旅したときに気づいたこと

Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つけたいという強い欲求があった。

「過去15年間よりも、この1年のほうが生きていることを実感する」。充実した旅の最中で、彼女が気づいたこととは?

「自由」と引き換えに、
すべてを手放した。

私は以前、広告業界という世界でもっとも光り輝く世界で働いていました。当時の家は、素敵な家具ばかりを備えた3LDKのマンション。たくさんの本やコーヒーメーカー、座り心地の良い高級ソファーなど、あらゆるものに囲まれて生活していました。

そんな生活も、1年前に終わりました。どれもこれも、自分の自由と引き換えに喜んで手放しました。これ以上ない幸せな決断だったと言えるでしょう。

20代の頃、私は仕事で成功し、人生の伴侶を見つけ、高水準の生活を送ることだけが幸せだと思っていました。世界中のあらゆる若者と同じようにプログラミングされていたのでしょう。だからこそ、一生懸命努力したのです。

30代前半、私が手にしていたのは最高のキャリア、たくさんの素敵なモノ、海外旅行、それから離婚…。

30代後半になり、私はマネージャ―へと昇格。手元にあったのは、より多くの素敵なモノ。そして、長い間付き合った彼との別れによる心の痛みでした。

この時、道は2つにわかれていました。いまあるものを手放さず、ブリジット・ジョーンズのように、いつか落ち着けることを願って新たな出会いを探し、ハッピーエンドがもうすぐやってくると祈り続け、ローンを組んであまり好きではない仕事をし続ける。あるいは、そうでない方法を取るか。

私が選んだのは、多くの人が避ける道。仕事を辞め、持っているものすべてを手放し、旅に出ることにしたのです。

「本当の自分」を見つける旅へ

64daff341b95de4fbf6fd54e54b0391069ff3fb0

人生を変えてしまうような決断をする前に、私はとても大切な質問を自分自身に問いかけていました。それは、「私はどうしたら幸せになるんだろう?」ということ。

家族でも、友達でも、同僚でもなく、私だけの幸せを得るにはどうしたらいいのか。そこで気付いたのが、他人の旅のブログを読むたびに、私の心が疼いたということ。私はその記事を書くような人間になりたかったのです。本当の自分を見つけるための旅に出るべき時が、ついにやってきました。

「この1年間で経験したことは
過去15年間のそれに勝る」

C52e044ff17f2e40d0f9f663251d5f0869e2a044

2015年10月23日、興奮と緊張の入り混じるなか、ニューデリー行きの飛行機に乗りました。

それから9か国を訪れ、素晴らしい人々に出会い、忘れられない経験をしました。ただしそれは、決して楽な道ではありませんでした。盗難に会い、病気にかかり、孤独に感じたこともありました。新しい国に行く度に、その国の通貨や挨拶を覚え直さなければいけませんでした。

しかし、この1年間で経験したことは、過去15年間のそれに勝るものでした。ダイビングの資格を取り、山を登り、電車やバスの中で夜を過ごし、たくさんの新しい料理を覚え、テントや相部屋で寝たり、ヨガの合宿に参加したり…たくさんの素敵なコトを体験しました。

そして、
ある錯覚に気がつく。

C0f7c2c23de6d2484d63da8a5eec40bfe2dfb3f6

そしてついに、私や周りの女性の何がいけなかったのかが分かりました。私たち女性は運命の相手を見つけないと幸せにはなれないと教えられていたのです。パートナーを必要とするということは、自分自身が完全ではないということ。誰かを見つけない限り、必ず何か足りないものがあるということなのです。この考え方こそが、人気小説やテレビ番組、映画や歌、周りの人間が生み出した錯覚なのです。

幸せのために、
心に描く理想の自分に近づく

0a9fe952c3e55050536720dbd6697e6ef14ddf98

私はそれに気付いたのです。本当の幸せというのは自己実現から来るのであって、心に描く理想の自分に近づくことが大切なのです。

有名デザイナーの服を追いかける広告業界のマネージャーというのは、理想の私ではありませんでした。もちろん、高級マンションに住むことも違いました。すさまじく強い女性、才能のあるライター、他の人に影響を及ぼすことができるような人間というのが理想の私。

そんなことに旅の途中で気づいたのですが、同時に映画『食べて、祈って、恋をして』のようなストーリーを期待されていることにも気づきました。一緒に旅していた男性との写真をFacebookに投稿したとき、こんなメッセージをたくさんもらったのです。

「旅行中に運命の人に出会うと思ってた!」「このイケメン誰?ついに見つけたの?」「超カッコイイ。彼氏?」

何度、「落ち着いて。ただの友達よ」というメッセージを返信したことでしょう。

多くの友達に、私の旅がラブストーリーで満たされると思わせてしまいました。完全に間違ってるとは言えないのだけど。

これは、
自分自身に恋をする旅

C3e35bb2e8626f01e63045e452ac5a041a1bf20a

たしかにこれは間違いなくラブストーリーです。が、その相手は自分自身。この旅は、1人の女性が世界へと飛び出し、自分の強さと弱さを発見して、どんな時でも自身を愛するということを学ぶラブストーリーなのです。

40歳を過ぎると遅すぎる。そんな風に私たちの脳に植え付けられた恐怖なんて、まったく関係ありません。何が遅すぎるというのでしょうか?

私の旅はまだ終わっていません。次の章である、南米に到着しました。どんなに刺激的な体験が私を待っているのか…まったく想像もつきません!

Licensed material used with permission by Solen Yucel, (Facebook), (Instagram)
旅には、人生が凝縮されています。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
いつか仕事を辞めて、海外へひとり旅することを企んでいる人もいるのではないでしょうか?とは言っても、これは、人生を左右するかなり大きな決断。思い切れなくて憧...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
ここで紹介するのは、年収3,000万円という高給を手放し、51歳で77年式のフォルクスワーゲンに乗って旅に出たBob Cooneyという男性の物語。「Th...
「あー、仕事辞めてどっか旅にでも行きたいなー」って思うこと、ありません?ここで紹介するスペイン人のセルジ・バーゾリさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセ...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
起業家として、また世界を旅する女性ライターとして活躍するSonia Thompsonさん。周囲からは「軌道に乗ったいい人生」と思われていたようですが、本人...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...