独身の間に本当にしておきたいのは、こんな感じの「女ひとり旅」

仕事も人間関係も何もかも忘れて、ゆるっと旅にでたい。しかも、長期で。

そうは思うものの、現実的には難しい。わたしのように、いつも“思うだけ”の人はたくさんいるんじゃないかと。でも、思ってるだけじゃなく、実現している人もたくさんいるんです。

バンに乗って旅をする人々の写真を公開する@project.vanlifeを見て、“思うだけ”になりがちなことを実現している人が世界にはたくさんいるんだなぁ。すごいなぁ……………いいなぁ。

って、わたしの中の「憧れ」はますます強まった。写真をみているうちに、ある一人の女性が気になって、彼女に旅の話を聞いてみることに。

わたしの時間を、
わたしのためだけに。

バンでひとり旅をするSusi Cruzさん(25歳)。「ひとり旅をするのは自由を手に入れることでもある。けれど、それと同時に、たったひとりで何もかもしなくてはいけないってこと」だと彼女はいう。

それと、「何かあるたびに自分で解決していく。その一つひとつの経験が自分を強くする」というSusiさんの言葉にわたしは惹かれた。

このひとり旅を実現するために、複数の仕事を掛け持ちし、必死に働いてお金を貯めること2年。彼女は夢を叶えた。

今は旅をしながらYouTubeで稼いでいるそうだ。

楽しいだけじゃない、ひとり旅。でも、彼女たちはきっと、自分のためだけに、自分の時間をつかって、自分の成長を感じながら生きている。

わたしが、独身最後にやってみたいのは、こんな実りの多い旅。

Reference: @wildbonde
Licensed material used with permission by Susi Cruz, (Instagram)
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...