キャンピングカーを改造して旅にでた。そこには見たことのない景色が広がっていた・・・(画像17枚)

トラヴィス・バークさんはおばあちゃんの古いキャンパーバンを改造して大自然を巡る旅に出ました。その息を呑むような「アメリカ」の美しさはハッキリいって超ド級!

さらに、彼が「Boredpanda」で語ったコメントにもハッとさせられるものがあります。

「海外にあるトロピカルな南国リゾートに行くのもいいけど、自分の暮らしている国にだってまだまだ冒険は眠っているものだ」

さっそく、写真を見てみましょう!

01.
アリゾナ州
恐竜の足跡探し

02.
カリフォルニア州
ロスト・コースト・トレイル

03.
ワシントン州
氷の洞窟

04.
カリフォルニアコースト
塩湖

05.
ユタ州
地下トンネル

06.
バーモント州
道中

07.
カリフォルニア州
ジョン・ミューア・トレイル

08.
オレゴン州南部

09.
カリフォルニア州
サンディエゴ

10.
カリフォルニア州
パシフィック・オーシャン

11.
ユタ州南部

12.
ニューメキシコ州
ホワイトサンズ

13.
オレゴン州
サンドボーディング

14.
ユタ州
ナロウズ

15.
カリフォルニア州
ビッグサー

16.
ユタ州
氷の滝

17.
ユタ州
エスカランテ

おばあちゃんの車を大改造!

上の写真は、この旅に使用されたキャンパーバンの元の姿です。が、彼は外装・内装を一新して、"旅仕様"に改造しました。

広大な土地をキャンパーバンで旅するなんて憧れちゃいますよね。でも、一体どんな内装になっているのでしょうか?ちょっと見せて!

最初はキャンパーバンの中をごっそりくりぬいたような感じ。座席などは跡形もありません。ここから、あの手この手で"住める車"に変えていきます。

家具を置くとだんだんそれっぽく…

手作りキャンピングカーの
できあがり

凄い!ここまで自分の手で出来てしまうものなんですね。クローゼットや食器棚も完備。引き出しには調味料なども入っています。

さらに、魅力的なのは中だけではありませんよ。

削って〜、

塗って〜…

ハイ、完成!

車高も高くなっており見るからに"どこへでも行けるぞ感"がムンムン。シックな雰囲気もクールですね!屋根にはソーラーパネルを設置、車内で電気製品を利用・充電できます。

海外ではよく愛車に名前をつける人がいるものですが、この車もご他聞にもれず。その名も「Betty the Grey Wolf(灰色のオオカミ・ベティ)」。めちゃくちゃ強そう!

ここまで本格的な装備を整えるにはそれなりの知識と手間とお金がかかりそうですが、こんな車を運転して広大なアメリカ大陸をブーンと乗り回すのはさぞかし爽快でしょうね。

もっと詳しく知りたい人は、彼のホームページや以下の動画をチェックしてみてね♪

Licensed material used with permission by Travis Burke(Facebook), (Instagram)
Reference:Boredpanda
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
仕事を辞めて、クルマを改造して、旅に出る。まあ、1度はそんな話を聞いたことがあるかもしれないが、RichmondとJulianaの2人ほどDIYに徹底して...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...