キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました

2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発信しながら、1日に数カ所を回るのが一般的なモバイルビジネス。

こうしたフードトラックの成功例は、ファッション業界にも波及しつつあるようです。たとえばこの若き女性オーナー、「場所に縛られたくない」とフリーアドレスのネイルサロンを開店しました。

フードトラックみたいに、
移動式サロンをつくりたい!

たとえどんなに小さくても、将来自分の店を持ちたい──。この記事の主人公で、ネイリストのAmber Morganさんにも、こんな独立願望がありました。けれど、彼女が選んだのは路面店ではなく、移動式のキャンピングトレーラー。

「同じネイルサロンを開くのでも、ただボケーっと椅子に座ってお客を待つのはイヤだったの。移動式のフードトラックがあるんだから、ネイルサロンが移動したっていいはずでしょ?」

「LittleThings」のインタビューにこう答えたMorganさん。温め続けた移動サロンの構想を、ついに実現する時がきました。

イチから手づくりで仕上げた、宝物のような彼女のサロン。これがちょっと素敵なんです。

【Before】
1973年製のトレーラーを
店舗へと大改造

まず、彼女が手に入れたのは1973年製のShasta Camper。キッチンやベッドは付いていますが、正直オンボロのキャンピングトレーラーです。

パートナーは
日曜大工好きのお父さん

Morganさん最強のサポーターとなったのは、日曜大工が得意な彼女のお父さん。二人は、トレーラー内部をほぼスケルトン状態にして、少しずつ手づくりでサロン仕様に組み替えていきました。

ところでMorganさん、今回のリノベーションにおけるカラーセレクトが最大のキモだったと語ります。狭小空間をできるだけリラックスしてもらうための工夫として、配色やパターンに並々ならぬこだわりを見せたのも、NYのファッション工科大学出身の彼女ならではの視点から。

「自信あり」と豪語するカラーリングは、カリフォルニア州パームスプリングスのアールデコ洋式の建物を意識してのもの。白とピンクを基調にした柔らかいイメージに決定しました。

そして、自らペインティング。

椅子やテーブルはお父さんが担当しました。

じつは彼女、今回のDIYを開始する前は、厳格なお父さんに少なからず畏怖の念を抱いていた、とブログで心情を吐露しています。けれど、それも日々顔を付き合わせて二人で金槌をふるい、ペンキを塗るうちに、どこかへ吹っ飛んでしまったんだとか。

「そりゃあそうでしょう!」。この完成度を見たら、思わずそう言いたくなるくらい、キュートな移動式ネイルサロンが出来上がり。

【After】
“こぢんまり”が
丁度いい空間

Photo by Chriselda Photography
Photo by Chriselda Photography

父娘でイチから手づくりした、これがMorganさんの新たな城。自然光が降り注ぐ気持ち良さそうな作業場。

Photo by Chriselda Photography
Photo by Chriselda Photography

必要最小限に留めた車内の設備ですが、センスが光る調度品もSO GOOD!

SNS展開するネイルサロン
街道沿いにオープンしてます

マニキュアやペディキュアをするという意味の造語(mani-pedi)をもじって付けた店名は「The Mani-Camper」。後ろにはしっかりキャンピングトレーラーを配しています。

街道沿いに駐車したトレーラーだけ見ても、何のお店なのか知らなきゃ入りづらいですよね?でも、店の予約はもちろん、お店の移動先はすべてFacebookでチェック。これが、移動店舗のモバイルビジネスたるゆえんです。

店舗家賃にかかるコストが抑えられれば、その分施術にかかる費用も抑えられると、Morganさん。なるほど、確かにネイルの施術にはそれほど大きなスペースも必要ありません。利用客にとっても嬉しい「移動店舗」なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Amber Morgan, Little Things
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
トレーラーハウスやキャンピングカーは、永遠のオトコの憧れアイテム。中古でもいいからいつかは手に入れたいけれど、どうせなら人とは違った、こんな“和風”のもの...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...