ボタンを押すだけで、3倍に!「小さいけど狭くない」キャンピングトレーラー

キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。
冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があったか!」と、思わず唸ってしまうような独創的なアイデアで、狭小のイメージを一掃させるキャンピングトレーラーが登場しました。

小さく運んで
ゆったりくつろぐ

まずは、こちらの映像をご覧あれ。ボタン操作ひとつで、小さなキャンピングトレーラーが左右にぐいっとスライドしていくのがお分かりですか?みるみるうちに拡大。あっという間に、くつろぎスペースができるという優れもの。その間、わずか20秒。

スクリーンショット 2015-09-21 9.18.29

 

キャンピングカーの難点である狭小性(それを良しとする声もあるでしょうが)をこの懐中望遠鏡のような独創的なデザインと斬新なアイデアで、極限まで広げ、牽引時の約3倍の広々とした室内空間が生まれます。3倍の特性を活かしたその名も「3X Caravan」。
コンパクトに折りたたまれた収納時は約4平方メートル、広がると約12平方メートルにまで拡張。畳で例えるなら、3畳以下だった部屋が約7畳ちょいのワンルームにお引越ししたようなもの。

hipster_salon-3

beauer_inter_zoom_open

「3X Caravan」のカラーバリエーションは20色。室内環境も完全カスタマイズ可能な、セミオーダー式のトレーラーです。

たたんで縮めてコンパクト
オールインワンの家具も◎

3x-2

さらに驚くことは、伸縮するにも関わらず、ダブルベッド、キッチン、トイレ、ダイニングテーブルからソファまで室内の家具はすべて備え付けだということ。

arton126

伸縮構造のトリックが上の写真。左右にスライドして伸びていく壁に沿うようにして、延長面の床が降りてくる仕掛け。ダブルベッドもソファも床と一体化しているから、縮めてもコンパクトにまとまることができるんだそう。このサイズでフル装備、これは優れものという他ありません。

3xcc_deplie_route

ちなみに、こちらは3Xの技術そのままに、取り外しも可能な作りのキャンピングカー「3XC Camper」。

日本のロードトリップが
変わるかも!?

そもそも国土も道も狭い日本。キャンピングカーやトレーラー牽引に対する認識はまだ低く、キャンプ場や、道の駅や温泉施設などに設けられた、一部のRVパーク(車中泊専用の宿泊エリア)以外では、基本的に車中泊は認められていないという事情もあります。
かたや、地続きのヨーロッパ。キャンピングカー文化も成熟しており、車内泊で観光地を巡る旅のスタイルも人気です。この伸び縮みトレーラーを製作したのも、フランス西部の街アングレームに工場を構える「BeauEr」社。現在、3X Camperはフランスでのみ販売中ですが、欧州、アメリカでの流通拡大に向け調整中だそう。

ロードトリップ好きの人たちには、日本への輸入が待ち遠しくなるニュースでは?

Licensed material used with permission by BEAUER

いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「THE NORTH FACE」が手を組み、キャンピングトレ...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
オランダのスタートアップが開発した超小型キャンピングトレーラー「TakeOff」。走行時は122cmだが、広げると2m高の室内空間が現れる。
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
湯本見番で開催してきた箱根観光客向けの芸者ショー「Meet Geisha」が、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使って世界初の「芸者とオンライン飲み会」のサー...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。