小さいくせに・・・生意気なヤツだ!多機能すぎる「キャンピング・トレーラー」が登場

ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマルな作りのなかに、意外でナイスな機能が隠されているから。

では、その中身をご紹介!

コンパクトなボディ、
と思わせといて…

lifebuzz-3c031ca10c322ecb6b2319b7d02956b5-limit_2000
オーストラリアのメーカー「Gidget Retro Teardrop Camper」が製造するこのキャンピングトレーラーは、大型でガッチリした既存のそれのイメージを覆すコンパクトさがウリ。

上の画像は、車で牽引する時のサイズ。車との比較ができないので、いささか分かりにくいところは目をつぶってもらいたい。が、次の画像をみてビックリ!

lifebuzz-c88e76fc7ebf6017793f8a0df116fbf8-limit_2000

じゃ~ん!トレーラーがスライド式になっていて、中からググッと、首を伸ばすように室内が拡張する仕掛け。小さなボディながら、必要な時には大きくなるという訳。

lifebuzz-a46fc6860a45fc56bf52a7f64ea63d4f-limit_2000

4439ead8964d30d4b45ee8ca8518757d

lifebuzz-32670cbc3a7eee285d006af612fea91a-limit_2000

lifebuzz-fb796103bba6ca75e38748f48a6f1c57-limit_2000

室内の様子はこんな感じ。大人が2人で寝ても十分なスペースが確保できるそう。中にはおしゃれな天窓があり、テレビ、冷蔵庫など設備も充実。標準的なトレーラーと比較しても劣ることはないという。食器棚だってちゃんとあるから、収納スペースにも事欠かなさそう。

青空キッチンなんてどう?

lifebuzz-d0e960ddf85baedeec45948debd91c1d-limit_2000

lifebuzz-254a14defb8cff3c793de624a3098de0-limit_2000

そしてもうひとつ。「Gidget」の魅力は、トレーラー背面に設置されたキッチン。なんと屋外で料理ができてしまうってワケ。狭小スペースを活かした斬新なアイデアが、キャンパーにもウケている要因かも。

自家発電ができる
エコな設計も◎!

lifebuzz-e19bd9cedfab2db01f625b94bb8648e0-limit_2000

さらに、太陽パネルも標準装備だから、自家発電だってできてしまう。余分なスペースを極力排し、必要な機能はしっかりおさえる。室内の快適性と屋外の開放感のいいとこ取りで、しかも自然にも優しいエコなつくり。ううん、抜け目ない!

詳細は以下の動画からチェック。

お値段160万円〜
いいじゃん、手が届く!

lifebuzz-6df905b2dbec0fc5379700e56e490ff4-limit_2000

ちなみに、標準モデルの「Bondi」は、19,950オーストラリアドル。日本円にして約160万円ほどで販売されている。他のモデルや最新の情報などは、HPページで。

Licensed material used with permission by Gidget Retro Teardrop Camper

いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「THE NORTH FACE」が手を組み、キャンピングトレ...
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊のキャンプ場「TAMARUキャンピング今帰仁」では、全長11mのキャンピングトレーラーでグランピング体験ができる。
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
「Haaks Campers」が開発した新しいキャンピングカー「Opperland」なら、2階を展開したらあっという間に三角屋根の小さな我が家の完成。1階...
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
オランダのスタートアップが開発した超小型キャンピングトレーラー「TakeOff」。走行時は122cmだが、広げると2m高の室内空間が現れる。
米国・ラスベガスを拠点にする「Mybushotel」は、アメリカで定番の黄色いスクールバスを買い取ってキャンピングカーへ改造すること生業としている専門家集...
一生に一度はやっておきたいこと、やってみたいことってありますよね。そんな中でもランクインしやすい「キャンピングカーで大陸横断」、「バンライフ」、「ひとり旅...
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...