「つぶして」移動、「広げて」ステイ。日本サイズのキャンピングトレーラー

ここ数年、アメリカのキャンピングトレーラー業界は、メタリックボディでおなじみ「エアストリーム」のような大型トレーラーと、タイニーハウスに端を発したコンパクトタイプとで人気が二極化しているという。

小型の代表が、コロンとした卵型の通称「スモールエッグ」だったわけだが、オランダのメーカーが開発した「TakeOff」は、従来のものとは比較にならない超小型トレーラーだ。

「TakeOff」開閉1
©2019 Easy Caravanning B.V.

ね、一般的な“大箱”より明らかにダウンサイジング……というより、むしろぺしゃんこ。一見すれば、小型ボートを牽引しているかのよう。走行時の高さは、わずか122cm

「TakeOff」内観
©2019 Easy Caravanning B.V.

それがどうだ。ルーフトップを外し、手で跳ね上げればとたんに高さ約2mの居住空間が現れる。

もちろんただのハコにあらず。コンパクトながらも、キッチン、リビング、ソファ(ダブルベッドにもなる)を完備。

「TakeOff」オプション
©2019 Easy Caravanning B.V.

車好きならお気づきだろうが、前を引っ張る白い車はフィアット500。パワーの少ない小型車でもラクラク牽引可能というわけだ。

オプションでタープやテントを繋げたりしたらもう……想像するだけでどこか遠くへ旅したくなる! 参考までにもっとも標準タイプで、お値段1万3495ユーロ(約161万円)

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊のキャンプ場「TAMARUキャンピング今帰仁」では、全長11mのキャンピングトレーラーでグランピング体験ができる。
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「THE NORTH FACE」が手を組み、キャンピングトレ...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「Haaks Campers」が開発した新しいキャンピングカー「Opperland」なら、2階を展開したらあっという間に三角屋根の小さな我が家の完成。1階...
米国・ラスベガスを拠点にする「Mybushotel」は、アメリカで定番の黄色いスクールバスを買い取ってキャンピングカーへ改造すること生業としている専門家集...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。