「つぶして」移動、「広げて」ステイ。日本サイズのキャンピングトレーラー

ここ数年、アメリカのキャンピングトレーラー業界は、メタリックボディでおなじみ「エアストリーム」のような大型トレーラーと、タイニーハウスに端を発したコンパクトタイプとで人気が二極化しているという。

小型の代表が、コロンとした卵型の通称「スモールエッグ」だったわけだが、オランダのメーカーが開発した「TakeOff」は、従来のものとは比較にならない超小型トレーラーだ。

「TakeOff」開閉1
©2019 Easy Caravanning B.V.

ね、一般的な“大箱”より明らかにダウンサイジング……というより、むしろぺしゃんこ。一見すれば、小型ボートを牽引しているかのよう。走行時の高さは、わずか122cm

「TakeOff」内観
©2019 Easy Caravanning B.V.

それがどうだ。ルーフトップを外し、手で跳ね上げればとたんに高さ約2mの居住空間が現れる。

もちろんただのハコにあらず。コンパクトながらも、キッチン、リビング、ソファ(ダブルベッドにもなる)を完備。

「TakeOff」オプション
©2019 Easy Caravanning B.V.

車好きならお気づきだろうが、前を引っ張る白い車はフィアット500。パワーの少ない小型車でもラクラク牽引可能というわけだ。

オプションでタープやテントを繋げたりしたらもう……想像するだけでどこか遠くへ旅したくなる! 参考までにもっとも標準タイプで、お値段1万3495ユーロ(約161万円)

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事