自転車で持ち運べる、折りたたみ式キャンピングカーが話題に!

自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!

自転車で持ち運べる
キャンピングカー!?th_スクリーンショット 2015-11-09 10.53.10

家に帰るために急いで自転車をこがなくてもいいかも。だってこれからは“家”を持ち運べるんだから

そう書いたのは、世界中のトレンドを伝えるメディア「SFG」。「Wide Path Camper」は一見普通のキャンピングカーにも見えますが、自転車で牽引できるほどコンパクトなもの。

th_スクリーンショット 2015-11-09 11.11.46使用する時のサイズは、高さ130cm、横幅99cm、長さは260cm。

th_スクリーンショット 2015-11-09 10.56.57持ち運ぶ時は、折りたたむことで半分の長さ(130cm)にまで小さくなります。

th_スクリーンショット 2015-11-09 12.24.01重さは約45kgで、女性でも自転車で簡単に運べます。設置も簡単で、慣れてしまえば必要な時間はわずか3分ほどだそう。

室内は意外と広々!
ソファー&ベッドも完備

th_スクリーンショット 2015-11-09 11.40.58上の画像が、キャンピングカーを広げた時の室内の様子。ベッドが備わっており、最大2名まで寝ることができます。もちろんソファとしても使用できます。

折りたたみ式のテーブルも設置されているので、中で仕事したり、食事を楽しむことも。

ソーラーパネルなどの
オプションも充実

th_スクリーンショット 2015-11-09 12.47.42価格は3,500ユーロから(約46万円)。オプションも充実していて、ソーラーパネル(1,050ユーロ)を取り付けることもできます。太陽さえあればどこでも電気が使えるため、長期の旅行を考えている人には必須アイテムかもしれません。

他にも、キッチンをつけたりマットレスをアップグレードしたりとカスタマイズができるようです。製品ページに様々なパターンが紹介されているため、気になった人は覗いてみては?

Licensed material used with permission by Mads Johansen

語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...