自転車で持ち運べる、折りたたみ式キャンピングカーが話題に!

自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!

自転車で持ち運べる
キャンピングカー!?th_スクリーンショット 2015-11-09 10.53.10

家に帰るために急いで自転車をこがなくてもいいかも。だってこれからは“家”を持ち運べるんだから

そう書いたのは、世界中のトレンドを伝えるメディア「SFG」。「Wide Path Camper」は一見普通のキャンピングカーにも見えますが、自転車で牽引できるほどコンパクトなもの。

th_スクリーンショット 2015-11-09 11.11.46使用する時のサイズは、高さ130cm、横幅99cm、長さは260cm。

th_スクリーンショット 2015-11-09 10.56.57持ち運ぶ時は、折りたたむことで半分の長さ(130cm)にまで小さくなります。

th_スクリーンショット 2015-11-09 12.24.01重さは約45kgで、女性でも自転車で簡単に運べます。設置も簡単で、慣れてしまえば必要な時間はわずか3分ほどだそう。

室内は意外と広々!
ソファー&ベッドも完備

th_スクリーンショット 2015-11-09 11.40.58上の画像が、キャンピングカーを広げた時の室内の様子。ベッドが備わっており、最大2名まで寝ることができます。もちろんソファとしても使用できます。

折りたたみ式のテーブルも設置されているので、中で仕事したり、食事を楽しむことも。

ソーラーパネルなどの
オプションも充実

th_スクリーンショット 2015-11-09 12.47.42価格は3,500ユーロから(約46万円)。オプションも充実していて、ソーラーパネル(1,050ユーロ)を取り付けることもできます。太陽さえあればどこでも電気が使えるため、長期の旅行を考えている人には必須アイテムかもしれません。

他にも、キッチンをつけたりマットレスをアップグレードしたりとカスタマイズができるようです。製品ページに様々なパターンが紹介されているため、気になった人は覗いてみては?

Licensed material used with permission by Mads Johansen

語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
いろんなストーリーが浮かんできます。
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
アウトドアファニチャーを得意とする〈OUTSIDE IN〉の「ステンレス ファイヤーストーブ」です。キャンピングカーやウハートマーク、ドングリや木の葉のカ...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...