まるで移動式ホテル!「黄色いスクールバス」を「キャンピングカー」に改装

現在、日本でも大きな盛り上がりをみせているキャンプ。年々右肩がりに増えていくキャンプ人口だが、これはブームなどではなく、都市部から自然へと戻る当然の流れだという声もあるようだ。

また、それに伴ってキャンピングカーにも大きな注目が集まっている。「機能性&機動性はもちろん、ビジュアルにだってこだわりたい!」という人には、米国・ラスベガスを拠点にする「Mybushotel」を紹介したい。

彼らは、アメリカで定番の黄色いスクールバスを買い取ってキャンピングカーへ改造すること生業としている専門家集団。手掛けられた車両の内装はきれいに改装され、もはや自動車というより“移動式のホテル”だ。

© mybushotel/Instagram

ベース車両にはエンジンの状態が良好なものを厳選。ソーラーパネル電源キッチンシャワーが設置され、大きなスクールバスをベースにしているとなれば、さぞ快適なノマドライフを満喫させてくれることだろう。

現在は「Leon」「Barbara」「Natasha」という内装の異なる3種が販売中で、「Georges」と名付けられた4モデル目を作成中とのことだ。

また、公式サイトによると、使用していないときには庭に停め、「Airbnb」を利用して旅行客に提供するといった選択肢もあるのだとか。

かつてに比べればさまざまな生活スタイルが実現しやすくなった今、スクールバスをリモデルした一台で理想の暮らしを送るなんていうのもアリかも。

Top image: © iStock.com/stu99
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
テレワークが進めば、住める場所の可能性も広がる。それならいっそ、いろいろな場所を転々と巡る、ヤドカリみたいな生活がしたいと思うわけだが......。これが...
「Haaks Campers」が開発した新しいキャンピングカー「Opperland」なら、2階を展開したらあっという間に三角屋根の小さな我が家の完成。1階...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...
一生に一度はやっておきたいこと、やってみたいことってありますよね。そんな中でもランクインしやすい「キャンピングカーで大陸横断」、「バンライフ」、「ひとり旅...
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
京都・河原町の人気ホテル「GOOD NATURE HOTEL」が、アウトドア体験にどっぷり浸れる宿泊プランの予約販売をスタート。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊のキャンプ場「TAMARUキャンピング今帰仁」では、全長11mのキャンピングトレーラーでグランピング体験ができる。
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...