夢だった、キャンピングカーでアメリカを旅する楽しさ。

数年前、大学時代の友人が、仲間と一緒にキャンピングカーでアメリカを横断していた。その旅の様子がとても楽しそうで、自分もいつかやってみたいと思っていた。それが、今年実現した。

語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の聖地セドナだ。

0c7bf8295000805db9c7e89aa5c1dd1f8c786b0c

一緒にセドナへ行くメンバーを募集したところ、昨年東京で知り合ったロサンゼルス在住のアメリカ人のニャン、そしてシェアハウスの住人の友人である日本人のアキジとイタリア人のフランチェスカが参加してくれることになった。運転できるのはぼくとニャンの2人だけだったので、交代で運転することにした。

知り合って間もない外国人と一緒に旅行をするなんて、初めての体験だった。4日間生活を共にするだけに、チームの不調和は旅行そのものを台無しにしてしまう。

絶対に楽しい旅にしたかったので、ぼくは慣れない英語で「旅のしおり」のようなものを作って、メンバーと共有した。そのおかげで、早い段階からお互いに打ち解けることができたように思う。そして、いよいよ旅が始まった。

Fa9b63b18a7084e777df975c205773f3143d8732

【1日目】
ロサンゼルス〜インディオ

まずは初日の朝、キャンピングカーをレンタルできる会社「エルモンテRV」のロサンゼルス事務所を訪ねた。受付や映像説明の後、スタッフに案内され、いよいよキャンピングカーとご対面。

「でかっ!!」

70c083cd3b1eb93e729ed21d3278faf64e60b02c

キャンピングカーの大きさ、そして車内の広さ、設備の見事さに一同驚いた。4人しか乗らないのに、ベットが6つもあった。

4960a48bc1462a5b149331f64bae684dc10a3a6a

ボタンひとつで車は左右に広がるし、昼間テーブルとして使う場所はすぐベッドに切り替えることができ、トイレやシャワーがあり、そしてキッチンには冷蔵庫や電子レンジもある。

ホテルに泊まる必要はなく、ここに寝泊まりできるのだと思うと、本当にワクワクした。

1fa42ccfdaf04c521b08c9091b2d4eda8bbe4cd3

車を借りたら、まずはスーパーへ。4日分の食料と水を買い込むのだが、ここでリーダーシップを発揮してくれたのは、アキジだった。

「2人には運転してもらう分、料理は俺たちに任せて! 今夜は俺が牛丼を作るよ」

「じゃあ私は明日パスタを作るわ!」

とフランチェスカ。

メンバーが心配りを見せてくれ、いよいよチームらしくなってきた。単に目的地に行くことではなく、そこに着くまでに「共有する時間」こそが、キャンピングカー旅の醍醐味なんだなあと思った。

A658b527f86d6103c39cca5872487abbfbfa0205

ところで、キャンピングカーの旅では、基本的に「RVパーク」と呼ばれる場所に泊まることになる。キャンピングカーのための駐車施設のようなところ。ここで電気や水を車内に供給する。また、車に溜まったキッチン、トイレ、シャワーなどの排水もここで行う。

F77ab5e4e56e594c52c4b14866f4e38886620bae

なんとアメリカにはRVパークが1万箇所以上存在していて、「RV parky」というアプリで近場のRVパークを簡単に見つけることができる。1週間単位、1ヶ月単位で借りている人も多く、アメリカのキャンピングカー文化の深さを感じた。本当に家の代わりにキャンピングカーを使っている人たちが多く存在する。

この日は旅の初日ということもあり、ロサンゼルスから3時間ほど走ったインディオという街のRVパークで休んだ。

【2日目】
インディオ〜セドナ

初日はアメリカ人のニャンに運転してもらったが、この日は早朝5時過ぎにRVパークを出発し、初めてぼくが運転した。

B1518402baea8dc6162a4f152ba4eb28aaed2dbb

長く重い車体なので、慣れるまでは慎重に走らせたが、信号のないフリーウェイに入るとむしろ楽チン。一定の速度で快適に運転できた。この日は東にまっすぐ進んでいたので、アメリカらしい荒野の中に正面から太陽が昇ってきて、それはそれは美しい風景だった。

午後、ようやくセドナに到着。巨大な岩山があちこちに現れ、迫力満点。

D850ad3ffed25d46f034ff546352aceb1c795de7

セドナといっても、広い。セドナで何をするか、みんなで相談したが、フランチェスカが「絶対にハイキングをしたい」と譲らなかったので、男性陣はすぐに従った。彼女の機嫌を損ねるわけにはいかない。観光案内所でおすすめの場所を聞いて、ベルロックのトレイルコースを歩くことにした。

往復1時間半ほどで気軽に楽しめるコースだったが、岩山からの景色は圧巻。セドナを一望することができた。ありがとう、フランチェスカ。もうこれだけでセドナへ来た甲斐があったと思える景色だった。

【3日目】
セドナ〜インディオ

早朝、セドナ北部にあるスライドロックステートパークという自然の美しい場所に行き、1時間ばかり散策を楽しんだ。その後、再びロサンゼルス方面へ走り出した。

立ち寄りたかったのは、ミュージックビデオのロケ地として使用されたり、近年SNSなどでも話題になっている「サルベーション・マウンテン」という場所。

408af93df03b5ce7639da45e427a0e654062e611

なんでもレオナード・ナイトさんという方が、レンガ用の泥で30年の歳月を費やして丘に彩色したそう。「GOD IS LOVE」というメッセージを込めたアート作品になっている。

ここも写真映えして良かったが、しかしぼくがそれよりも興奮したのは、少し手前で遭遇した、名もなき砂漠だった。

「うわ、すごい! 車を止めよう!」

思わず叫んでしまった。

まさかカリフォルニア州に砂漠が存在するとは知らず、本当に驚き、思わず車を止めて、写真を撮った。ぼくにとって、人生初の砂漠なのだ。

興奮していたのは、ぼくだけではなかった。みんな砂漠ではしゃいだ。

9bb5484cb5df9ad6e53dfba0acfe1f6a46e4bab9

まさにこうした出来事が、キャンピングカー旅の楽しさだと思う。パッケージツアーや電車の旅では感じることのできない旅情がある。

【4日目】
インディオ〜ロサンゼルス

3日目の夜は、インディオ近くのフリーウェイ上のレストエリアで泊まっていた。日本で言えばトイレだけある高速道路のサービスエリアのようなところ。RVパークではないので電気と水を大量に使うことはできないが、一日くらいどうってことない。

4日目の朝、ロサンゼルスに向けて出発。朝11時までに返却するのがルールのため、早朝に出た。3時間ほど走り、無事ロサンゼルスに到着。4日間で走った距離は1,200kmを超えていた。

85929837b94deca7efbe28c9a57cd5a548567930

初めてのことだらけで最初は戸惑う部分もあったが、慣れたら快適そのもの。今回はようやく慣れてきた頃に旅が終了してしまったので、正直に言えば、もっと借りていたかった。

それに、4人の息が最高に合っていたタイミングだっただけに、残念だった。

「みんな、ありがとう。最高のメンバーだったよ」

とぼくが言うと、誰もが頷いてくれた。それぞれが自分の得意なことでチームに貢献した。誰かひとり欠けていたら、この旅は成り立たなかったと思う。 

「またこのメンバーで、キャンピングカーで旅したいね」 

「次回は1ヶ月かけて、アメリカ大陸を横断しよう」

「じゃあ今度はレンタルしなくて済むよう、俺が一台買っておくよ」

そんな冗談(?)を言い合って、ぼくらはまたそれぞれの日常に戻っていった。

6499c219d02f83d340de550614be02575c6960b4
Licensed material used with permission by 中村洋太, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
トラヴィス・バークさんはおばあちゃんの古いキャンパーバンを改造して大自然を巡る旅に出ました。その息を呑むような「アメリカ」の美しさはハッキリいって超ド級!...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
ルート66は、アメリカで一番古いインターステーツ(州間高速自動車道)だ。1926年に開通したこの道は、アメリカ初の国道として創設された。別名は、マザー・ロ...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
ロードトリップに欠かせないのが、道路沿いにあって素泊まりできるモーテル。と言いたいところですが存在感は薄れてきているようです。サンノゼ州立大学の教授And...