ボートになる「キャンピングトレーラー」

いつか使ってみたいキャンピングトレーラー「Sealander」。ドイツ企業が開発を手がけました。

料理を作るなど、家のように使える空間を維持しながら、水の上に浮かぶ設計になっています。エンジンが搭載されていて、操縦をすることも可能。

水に揺られながら星を眺める、なんてこともできそうですね。

Top image: © 2019 SEALANDER
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「THE NORTH FACE」が手を組み、キャンピングトレ...
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊のキャンプ場「TAMARUキャンピング今帰仁」では、全長11mのキャンピングトレーラーでグランピング体験ができる。
オランダのスタートアップが開発した超小型キャンピングトレーラー「TakeOff」。走行時は122cmだが、広げると2m高の室内空間が現れる。
「Haaks Campers」が開発した新しいキャンピングカー「Opperland」なら、2階を展開したらあっという間に三角屋根の小さな我が家の完成。1階...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。