どんな油もキャンドルの燃料にする「三角」

4個で2000円!!

すみません、先走りました。紹介するのは「Makuake」でのクラウドファンディングに成功した「キャンドルベース」です。

見た目はとってもシンプルな三角形のアイテム。これと油さえあればキャンドルみたいに火が灯るようになります。サラダ油やオリーブオイル、廃油でも大丈夫なんだとか。

耐熱性のある容器に油を注いで、そこに「キャンドルベース」を置けば、もう準備OK。

キャンプに持っていけば、ミルクを温めるときなどに重宝。災害時に備えて、ひとつ持っておくのも役立ちそうです。

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「sheep」は、天然素材を用いたキャンドルの制作や香りの調合、パッケージングまでの工程を手づくりでおこなうソイキャンドルブランド。
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
アウトドアブランド「LOGOS」の新商品「Bamboo コテージランタン 」。ボディ素材に天然竹を用いて、肌触りも風合いも、そして香りもイイ感じ。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
ファレル・ウィリアムスが設立したレコードレーベル兼アパレルブランド「I Am Other」と、デザインスタジオ「Pentatonic」がコラボレーション。...
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
伊勢神宮近くにあるジュース専門店「まるごと果汁店」のストローが、7月11日からすべて土に還る「生分解性ストロー」に変更された。もともと器も果物のため「10...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
イギリスのDanielle Coffeyさんが作成した、各家庭の料理などで残った油脂を数分で石鹸に変えてしまう簡易キット「Sápu」。デバイスに調理後の油...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。