世界最低の「悪趣味なキャンドル」

グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に使うんだよ!?」(笑)

インパクト?
通り越してるでしょ!

85bceea8dfa186af4e827a399dd4e18819d7008484c7004e5fe311e0b73d81347910cb3f24c2b7975c2c46a6f3352c05e632f75eb38b5dab141e2747F726c47f39de39aa2cc46d71938ebcce911b780e28b5aabf65873f8fbcf3173b1b03363249544a1c

切り取られた指や手をモチーフにキャンドル制作をしているのは、プロダクションデザイナーのJenny Gardiner。気になって彼のサイトを覗くと、CMなどの小道具も作っているようだ。

ちなみに「Etsy」で、指は1本1,032円、手は10,317円でオンライン販売されている。一体、誰が買うんだろうとチェックしてみたら、現時点で、指は2本で完売になるとのこと。世の中って、つくづく不思議だよな。

Licensed material used with permission by Jenny Gardiner, Webサイト
100均でも売ってるティーライトキャンドル。だけど、これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
バターが燃える、って意外と知られていないかもしれません。ここでは、YouTube動画で紹介され話題になった緊急時に役立つ「バターキャンドル」の作り方を紹介...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
ドキドキの連続で、日々気持ちが浮き沈みする恋愛。この「恋してる」「愛してる」を自分の趣味に当てはめたとき、恋と愛、両者の違いはどんなところにあると思います...
あなたの周りに、山登りが趣味の人はいますか?ただただ頂上を目指すことを目的とする登山家に悪い人はいない、主張するのは、「Elite Daily」のVica...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...
辛いことがあった時に、心を落ち着かせるための自分だけの「逃げ道」を用意している人は多いかと。そう言う私は、何かあると甘〜いお菓子に必ず手を伸ばす。でも、わ...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
オフィスに置いてあるプリンターって、なんであんなにイライラするのだろう。そんな制作者のフラストレーションや疑問から生み出されたのが『Paper』。