無愛想な顔で、「好きで溢れる世界」を思いっきり楽しむ

体を思いっきり動かして運動したり、庭で静かに花を育てたり、息抜きの仕方は人それぞれ。メガネがよく似合うMattias Adolfssonさんにとっては、仕事である描くことが趣味でもあります。

自身が作った絵の中で、気ままな時間を楽しむ。彼の「好き」が詰まった世界を、そっと覗いてみましょう。

誰にも邪魔されずに
どっぷり浸かる

絵の中でさえも描き続ける彼の姿は、なんだか微笑ましい。イラスト以外にも歴史科学と音楽に興味があるMattiasさんは、好きなモノはインスピレーションの元になると言います。

自身の世界に、どっぷり浸かるメガネのおじさんは、どこまででも好きを追いかける冒険家のようにも見えませんか?

Licensed material used with permission by Mattias Adolfsson, (Instagram)
好きな人に伝えるときこそ、この言葉はきっと、ふさわしくないから。
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
失恋をすると、想像以上につらく苦しい気持ちにさいなまれ、身動きがとれなくなってしまいますよね。自分だけが世界の中で取り残されたような感覚に襲われることもあ...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
常に彼氏がいる「安定」を「幸せ」と勘違いしていませんか?もちろん誰かに愛されることは、嬉しいこと。でも自分の好きなことを犠牲にしている関係なら、勇気を出し...
好きな人とのエッチって、なんであんなにも気持ちがいいんでしょうか。「好き」の気持ちが強ければ強いほど、気持ち良さも増すような気が。今回は、エロに溺れながら...
好きな相手に振り向いて欲しいからって、自分をよく見せようとしたり、相手の趣味に合わせたり、自分の時間を犠牲にしたり。でも、「そもそも誰かに認められるために...
あくまでも私の考えなんだけど、女の方が妄想力がすごいんじゃないかって。たとえば、好きな人との楽しいデートを想像してみると…理想のキスシーンに理想の言葉。め...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたウェブサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディ...
女子ってホントに眼鏡が好きですよね。職場でもカフェでも、そして電車の中でも、眼鏡をかけた人がいるとつい目で追ってしまうのが女の性というもの…とは言い過ぎで...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?